1発
合格

講師を自由に選択できる授業、重要度分けされたテキスト、学習進捗の目安にできる答練が非常に良かったと思います ---濱砂 昂求さん

CPAを選んだ理由

まず、合格率が他の予備校と比べて非常に高いことで興味を持ちました。

また、自習室は予約なしで基本的には使える状態で清潔感もありました。さらにその後に説明を聞いてみると、講師の全員が会計士の資格を持っており、その講師たちにも質問や相談が行えることが分かりました。

授業も理解することを重視していると聞き、単純な暗記が苦手な私でも効率的にインプットできること及び、講師の方や合格者のチューターが常に複数人常駐していて、いつでも質問できるという環境が非常に力的でした。

最後の決め手は、講師の方が「最後まで諦めなければ私たちが全力でサポートするので、ついてきていただければ必ず合格できます」と声をかけてくれたことで安心できた点でした。

CPAの良かった点

特に授業とテキスト、答練が非常に良かったと思います。

授業は講師を選ぶことができるものもあり、自分に合った教え方を選択しました。映像で受けることもでき、その場合はスピードや停止なども自由にできるので効率的に進めることもできます。

教材は重要度がほとんどに付けられており、会計士試験合格に最短な方法で学習でき、復習する際にも非常に役に立ちました。

答練はそれを学習の進捗の目安にすることもでき、長期間に渡る勉強でもだらけずに、メリハリをつけて取り組むことが可能となりました。

また、わからない問題は持っていくと可能な限りすぐに対応してくれて、時間を浪費することなく解決することもできました。

友達も非常に良い人が多く、支えあい競い合う仲間にも出会えました。

公認会計士を目指した理由

財務会計の授業が楽しかったことから、その延長線上にある公認会計士に興味を持ちました。

監査以外にも税務やアドバイザリーなど業務幅も広く、多様なキャリアを選択できることにも魅力を感じました。また、日本経済を支えるというスケール感や責任感にも惹かれました。

専門能力を身に付けた公認会計士が独自の価値を提供することで、大勢の助けになることができます。製造業はモノを通じて価値を提供するのに対して、会計士は己の実力が価値そのものとなります。また、高収入で胸を張れるような資格であることもメリットの1つです。

専門能力を持つことで、他の人との差別化を図れ、どんな道に進むとしても強みになると思ったから会計士を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する