授業・教材の質が素晴らしく、講義で理解し例題を活用しながら教材を回転することで、基礎を固めることができました ---I Mさん

CPAを選んだ理由

最初にCPAを知ったのは、国見先生のTwitterで短答のボーダー予想を拝見した時でした。短答式試験当日から、試験の所見を発信し、他の大手予備校よりも早く正確なボーダーを開示している点に非常に好感を抱きました。

それから、渡辺先生や池邊先生のTwitterも拝見するようになり、当時は他校生ながらまずはコントレをやってみることにしました。そして財務・租税のコントレを勉強し、その教材の質に驚きました。

また、問題の解説講義に加えて、論点の導入もあり、全ての授業を聞けば、もっと自分の理解度を高められると感じました。

そして、以前通っていた予備校で思うように結果が出ず、移籍することを決心いたしました。

合格でき、CPAに移籍して本当に正解でした。

CPAの良かった点

CPAの良い点は多岐に渡りますが、特に「授業の質」「教材の質」が素晴らしいです。

私は論文式試験に2回落ち、CPAに移籍しましたが、
財務計算→国見先生(圧縮講義)
財務理論→渡辺先生(論文対策講義)
管理会計→池邊先生(論文対策講義)
租税→高野先生 (レギュラー講義)
企業→高野先生(論文対策講義)
監査・経営→免除
のような構成で講義を受けました。

とにかく基礎を固めるため、テキストのABC論点を講義で理解し、例題を活用しながら回転させました。

また、その他の良い点として、
・質問、相談がいつでも電話一本で可能
・個別ブースの自習室(自分に合っていた)
・受講生の要望を、可能な限り叶える柔軟な組織風土
・答練、模試の成績処理が比較的早く、答案用紙もPDFで返却
等が挙げられます。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、今まで勉強を怠ってきた自分を変えたかったためです。

中学・高校と、あまり勉強をせず、部活動や娯楽を優先して人生を過ごした結果、いざ大学へ入学した時に、将来について漫然とした不安に襲われました。

将来、自分がどんな人間になりたいのかを考える中で、「身近な家族を幸せにすること」、「個人としての付加価値を高めること」が重要であると考えました。

そのために、まずは会社のビジネスを理解し数字に強くなることが、キャリア形成や付加価値向上に寄与すると考えました。

それから、簿記2級の勉強を始め、合格したことをきっかけに、本格的に公認会計士の資格を取ることを決心しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する