教材は非常にわかりやすく、講義は自分の好みに合わせて自由に選択できるため、学習しやすかったです ---高橋 佑樹さん

CPAを選んだ理由

私は以前他校に通っていたのですが、2回目の短答式試験に落ちた時にCPAに移籍することを決めました。

他校でも不満はあまりなかったのですが、これといってよかったと思ったこともなく、また、短答式試験に2回落ちたため、ここらで心機一転してみるのもよいかと思い、予備校を変える決意をしました。

なぜCPAに移籍したかというと、遺跡前の当時購入したCPAの監査論のテキストが非常にわかりやすく、網羅性に富んでおり、使いやすいと感じたのが最初のきっかけでした。

また、受講料が他校と比較して安かったことも理由の一つです。また、私は管理会計論が好きで、稼ぎたい科目だと思っていたので、池邉先生の講義を受講してみたいと思ったのも理由の一つです。

CPAの良かった点

CPAの良かったところは、講義ごとに先生が何人か担当されており、自分の好みに合わせて自由に受講できることが挙げられます。

自分の感覚で最も合う先生を選ぶことができるため、学習しやすかったです。個人的には財務会計論の渡辺先生と管理会計論の池邉先生の論文対策講義がわかりやすかったと感じました。

また教材も自分に合うものも選択できるのが良いと感じました。私は論文対策講義を中心に受講していたのですが、論文式試験では有利に戦うことができました。

また、質問メールのレスポンスが早かったのもよかったです。どんなに遅くても3日以内には返信があり、早いと即日返信でした。そのため、疑問点を早期に解決できるのが良いと感じました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、将来にわたって自分の自信になるスキルを身につけたいと考えたためです。

私は理系の学部出身で数字に強く、また、つぶしが効く資格が欲しいと考えていたため、日商簿記の勉強を始めました。これが思いのほか面白く、どうせなら難しい資格に挑戦してみようと思ったことが公認会計士を志した最初のきっかけです。

単純な理由から勉強を始めましたが、勉強するうちに「これをやり遂げたら自信になる」と考えるようになりました。また。会計・監査という専門的なスキルを身につけることで、社会に貢献することができ、自信を持った人生を歩むことができると考えました。

以上の理由から、公認会計士を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する