1発
合格

質が高くわかりやすいテキストと、初学者も理解することをベースに順序立てされた授業で、安心感がありました ---池本 亮さん

CPAを選んだ理由

テキストがとにかくわかりやすく、授業は自分にあった先生を選ぶ事ができるからです。

CPAの教材は必要十分な量でCPAの教材のみを信じてやり込めば絶対に合格できるという安心感がありました。

また一つの科目でも複数人の先生方が授業をされているのでその中から自分にあった先生を選ぶことができ、授業でのインプットが苦ではなくなりました。

また高い合格実績も安心材料でした。CPAのカリキュラムに頑張ってついていけば合格できると思ったのも選んだ理由の一つです。

最後に、国見先生や渡辺先生の体験授業がとてもわかりやすかったのがCPAを選んだ決め手でした。どの先生方も担当科目について心から理解されているなと感じました。

CPAの良かった点

テキストの質がとても高い事です。自分はなるべく詳しく書かれている方が安心して学習できるタイプだったので必要十分な量のCPAのテキストはとても助かりました。

次に講師陣です。CPAの講師陣は本当に素晴らしく、小手先のテクニックに頼ったりせず、曖昧な説明をせず、理解することをベースに授業をしてくださるので、解き方だけ覚えてえいや!で問題を解くことがなくなり、復習もとてもしやすく、何より定着度合いが高かったように思います。

難しい論点であっても、雑な説明に留めず、初学者も理解できるように順序立ててきちんと説明してくださるので、理解はしてないけど解き方だけは覚えた、といった論点がなくなりました。全部きちんと理解のための授業をして下さる講師陣のおかげです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を志した理由は大きく二つあります。

一つ目は得られる知識です。

公認会計士は監査を通じてさまざまな会社の知見を得ることができます。一生を通じてさまざまな会社のビジネスの上流から下流まで俯瞰して見ることができることは会計士の魅力であると思います。

二つ目は業務の多様性・応用性です。

公認会計士になることで得られるの知識はビジネスを行う上で必要不可欠であり、どの仕事をするにせよ必ずどこかで会計・税務に関する知識が必要となる場面に遭遇します。そのような時に会計士の資格を保持していればさまざまなニーズに対応した仕事を行うことができると感じ、多様性・応用性の観点からまだまだ会計士業界は発展するだろうと感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する