1発
合格

知識を最短でインプットできる教材と、試験に近い形式で出題される答案練習はCPAの合格率の高さにも強く影響を与えていると思います ---石井 大晴さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は主に3つあります。

1つは、自分のレベルに応じて知識の取捨選択が可能な教材です。CPAのテキストや問題集は、重要度に応じてレベル分けがなされています。自分自身の進捗や成績に合わせて、合格に必要な知識に優先順位をつけて勉強が出来るところは魅力的です。

2つ目は環境です。CPAでは公認会計士試験合格者が常駐しており、分からないことがあればすぐに質問できる環境が整っています。それに加え、勉強の内容のみならず勉強の進め方ややり方まで、丁寧なアドバイスをくれる講師がいることもありがたいです。

3つ目は実績です。私は、大学1年生の時に、公認会計士試験の勉強を始めましたが、CPAは大学在学中合格率が数ある予備校の中で圧倒的でした。より可能性の高い環境に行きたいという思いでCPAを選びました。実際にその選択は間違っていなかったと思います。

CPAの良かった点

私にとってCPAの良かった点は、大きく分けて2つあります。

「教材」「環境」です。

CPAを選んだ理由にもなっていますが、CPAの教材は、過去の試験にでてきた頻度や時期による試験に出る可能性理解への必要性等によって判断された、論点ごとの重要性が分かれています。これにより、膨大な公認会計士試験の出題範囲から、試験合格に必要な知識を最短でインプットできることできました。

それに加えて教材に関して、もう一つ良かったのは答案練習と呼ばれるテスト形式の確認です。答案練習、略して答練は、試験に主題される形式に近い形で出題され、自分自身のインプットで何が足りていないのかを明確にすることができます。また、決まった時間に行われるため複数人で同時に受験可能で一定の緊張感の中で受けることができることも本番に有利になったと思います。この答案練習は、CPAの合格を促す環境にも強く影響を与えていると思います。

答練の後に順位や成績、間違えたところが開示されるので、知識のインプット量を表す指標になりますし、何より次回の答練へのモチベーションに繋がります。特に順位が開示されるので、私の場合一緒に勉強する友人と競い合い高めあうことが出来ました。

その後も講師に相談したり、チューターと相談したりと合格するために必要なモチベーションを維持する環境が整っていたと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したきっかけは、高校3年生の時にふらりと立ち寄った説明会です。それまでは公認会計士という職業すら知りませんでした。

その説明会は弁護士・公認会計士説明会という説明会で私はむしろ弁護士の話を聞きに行きました。しかし、いざ話を聞いてみると公認会計士はとても魅力的なものでした。安定した収入が得られることを始め、社会的に一定程度の地位が得られることや多様なキャリアが広がることも素晴らしい資格だと思いました。

特に惹かれたのは、海外で働くチャンスが一般事業会社に比べ豊富という点です。私は将来的に海外で働いてみたいと思っていたので、この点に惹かれました。実際に就活を通して海外で働くチャンスは多いということを改めて確認しました。

学習で苦労した点や工夫した点

学習で苦労した点は、モチベーションの維持です。公認会計士試験の合格には膨大な知識が必要になりますが、そのためにはどんな人でも時間が必要です。

もちろん合格したいので、目の前の答練で良い成績をとることを勉強するのですが、どうしようもなくやる気が出ないときは来てしまいます。やるべき事があるし、やらなければいけない事もあるのは分かっているのに、なぜか手が動ないという状況です。こういったモチベーションの維持というところが難しかったです。

これに対し工夫したのはそうなったら勉強を一瞬全くしないということです。これは簡単なように聞こえますがとても勇気が必要です。

あーもう本当にダメだと思う時はテキストを閉じて遊びました。すると焦って次の日にはまたやる気が出ていました。

これは自分が勉強していく中で見つけた方法なので、この自分に合う方法を見つけるのも苦労しました!

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士は魅力的な職業ですが、試験合格までは相当の努力が必要です。勉強していく中で、楽しい時間よりも、辛く苦しい時間の方が長いです。

ですが、合格した者はみな口を揃えてこの資格を目指して良かったと言います。私もそう思います。

周りがどの業界に行くかを考えている間に、自分がこの業界でどう活躍できるかを考えられる。社会に出たときに有利になる力を、地道に、着実に一個一個積み重ねることが出来る。長い戦いの中で今後も付き合いが続くであろう友人も出来ました。

私は、まだこの資格の価値の全ては理解できていませんが、私自身も今後どのようにこの資格が生きるのか、とても楽しみです!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する