コントレ等、CPAならではの受講生のニーズに合ったサービスを柔軟に提供してくれました ---勝間田 修一さん

CPAを選んだ理由

他の予備校だといい意味でも悪い意味でもサービスの質は一定で、あまり変化に柔軟に対応できないのだろうと思っていました。

一方でCPA会計学院は、他校からどんどん先生方が移籍してくるような感じででしたし、サービスも工夫されていると感じました。

よってCPA会計学院の方が、テキストや講義の質がこれから一層向上していくのではないか、生徒のニーズに合った新しいサービスを柔軟に素早く導入してくれるのではないかと考えました。そのように考え私はCPAを選びました。

そして予想通り、コントレやコンサマ、短答、論文対策講義など大手予備校にはない新しいサービスも導入され、それを利用することができ、最終的に合格に至ったと思います。

CPAの良かった点

一番合格に役に立ったのは短答対策講義、論文対策講義だったと思います。短答も論文も、知識面ではほとんど差はないと思いますが、求められる力はやはり違いますので、対策にも差異を出す必要があると思います。

私は短答に一度落ちましたが、管理会計論の短答対策講義を受講し、一番苦手意識があり、成績の不安定だった管理会計論が一番の得点源となりました。

論文対策においては、特に企業法が一番求められている能力が違うと思いますが、そこでも、論文対策講義が大いに合格に貢献してくれたと思っています。

コントレも然りですが、CPAならではのサービスが多いと思います。受講生のニーズに合ったサービスを柔軟に提供してくれる、それがCPAの良かった点だと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は二つあります。

一つ目は、勉強が好きで、様々なことを学びたいという気持ちが強いので、その気持ちを生かしたいと思ったからです。公認会計士という職業は、専門家として常に勉強し続ける必要があり、それに終わりはないという点、活躍できるフィールドが広く、様々なことを学ぶことができるという点において、私にとって最適な職業なのではないかと考えました。

二つ目は、一つのことを究めていくような仕事がしたいと思ったからです。私はテレビなどで映る、職人さんが一つのことに情熱を持って取り組んでいる姿を見て、「かっこいい」と感じることが多くありました。そこで専門家になりたいと思うようになりました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する