答練が2週間で採点返却されるので、安心してかつ集中して目の前の勉強に取り組むことができ、復習も捗りました ---鈴木 康平さん

CPAを選んだ理由

2019年12月短答の合格を期に他校からCPAに移籍しました。

以前の予備校では、答練の返却が遅く、講師の待機スペースに行かないと質問が出来ず、授業も講師を自由に選択できないなどの不便な点を感じており、その予備校では論文式試験を乗り切れる気はしませんでした。

そのためTwitterで評判が高かったCPAに移籍を決めました。

Twitterは匿名でつぶやくことが出来るため多くの方が正直な感想を述べています。Twitterの評判を信じてCPAに決めたこと私の合格の決め手となりました。予備校選びで悩まれている方がもしこの文章を読まれているならまずはTwitterのアカウントを作り積極的に情報収集することをおすすめします。

CPAの良かった点

CPAの良かった点としてまず挙げさせていただきたいのは神がかった質問体制です。

質問メールを送った数十分後にメールが返ってくようなことも多々ありました。とにかくレスポンスが早いです。しかも質問にたいしての回答が丁寧で分かりやすく、ほとんどの返信を授業の担当講師が直接してくれます

分からないことを解決できる安心感というものは勉強していく上ですごく大切なものだと思います。解決できるという安心感があるから疑問を持てるようになると思うのです。受験は時間との勝負でもありますからいつまでも悩んでいるわけにはいきません。悩んでしまい時間を取られてしまうことが続いてしまうと疑問を抱くこと自体を避けようとするのです。

その点CPAの場合、悩んだら直ぐに質問メールを送ればいいですから安心して疑問を持つことが出来るのです。またメールで解決できない相談の場合には電話相談があります。好きな講師(すべての講師から選び放題です)と好きな時間に(たくさんの電話相談枠が設けられていますのでその点も心配ありません)電話することが出来ます。

私の場合、毎日1通は何かしら質問メールを送っていましたし電話相談も月に1回はしていました。

次に挙げるとすれば答練の返却の速さ採点の分かりやすさ成績表の見易さです。

答練の返却が早いことは特に論文生にとってかなり重要なことだと思います。記述式の問題である為、なかなか自己採点が難しく自分の成績が返ってくるまでは結果が気になる状態が続きます。そのような状態が長く続くと長期戦である受験勉強には多大なメンタル負荷がかかります。

CPAの返却期間は答練を提出した2週間後と決まっており返却予定日を超過することなく返却がなされますので、安心してかつ集中して目の前の勉強に取り組むことが出来ました。また採点も非常に分かりやすく自分がどこで点数が来ていてどこで点数を落としているのかがしっかりと把握出来た為、答練の復習も非常に捗りました。さらに成績表が見やすく自分の立ち位置や偏差値が一目でわかるのでモチベーションが上がりました。

最後に挙げさせていただきたい点は1つの授業に複数の講師が担当しておりさらに全ての授業がオンライン上にアップされる為、自分に合った講師を選択できる点です。

講師との相性は合格する上で非常に重要なポイントだと思います。講師の方は人それぞれ色んな考え方を持っておられる為、合う合わないが必ず存在します。合わない講師の授業を受け続けることは苦痛ですし成績向上にもつながりません。この点CPAでは複数人の講師から選びたい放題ですので講師との相性が合わないリスクを最小限に抑えることが可能です。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は2つあります。

1つ目は自分の専門性を高めたかったからです。加えて、会社に依存する技能ではなく、どこに行っても通用する不変的な知識を身に付けたいと思いました。その点、会計の知識というのは最適でした。資本主義社会である以上会計の知識はどこにいっても必要とされます。また、「自分にはこれができる」と胸を張って言えることで自信が付くと感じました。

2つ目は、チームで目標を達成していく監査プロセスに魅力を感じたからです。大学の授業で、チームで課題を解決する授業があったのですがその授業が大変興味深く、将来はチームで働けるような仕事に就きたいと感じました。その点、チームで一つの監査意見を作り上げていく仕事は自分に合っていると感じました。

学習で苦労した点や工夫した点

2020年の公認会計士受験性ならば多くの人が悩まされたように私もコロナウイルスの流行悩まされました。

コロナウイルスが流行する前に利用していた図書館の自習室が一般開放されなくなり勉強場所がなくなってしまったのです。家では勉強できない性格でしたので勉強場所の確保に苦労しました。

この解決策として私は有料自習室で勉強していました。結果的には図書館で勉強していた時よりも勉強が捗りました。現在もコロナウイルスの流行が続く中、自習室にお困りの方はお近くの有料自習室を検討してみてはいかがでしょうか?

CPAの受講生であればCPAが提携している有料自習室を安く利用できるサービスが新しく出来たので検討してみてください。

これから公認会計士を目指す方へ

簡単に合格できる試験ではなく相応の覚悟が必要です。

しかし正しい努力を続ければ誰でも合格できる試験だと思います。努力するだけではだめです。正しい努力が必要です。

正しい努力がどのようなものなのかはCPAでしっかり学べることは合格者の私が自信を持って保証します。あとはあなた自身が決断し実行していくだけです。

CPAには万全のサポートがありますがそのサポートを生かすも殺すもあなた次第だと思います。電話相談の枠が大量に設けられているとしても存分に利用しているのは受講生の一部であることでしょう。

合格を掴み取るのは他の誰でもなく私自身なんだという気概を持ってCPAの門を叩いてみてください。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する