答練のオンライン提出や、その日のうちに疑問点を質問し解消できるなどの学習サポートが良かったです。 ---裵 銀彩さん

CPAを選んだ理由

私がCPAへの移籍を検討した時期は、個人的な事情により全く勉強できなかったブランクが長かった時期でした。全科目においてかなり知識が抜けており、完全に自信を失っていたため、受験勉強を再開すべきか、断念すべきかかなり悩みました。

そこで、一度校舎に訪問して国見先生に自分の状況を説明しました。相談した結果、CPAが以下の2点で勉強の再開に最適な環境が整っていると感じたため、ラストチャンスという思いで移籍を決めました。

1点目に、CPAでは受講生ポータルサイトを通じてWi-Fiがある環境下ではいつでも好きなタイミングで講義を受講できる点がとても魅力的でした。

2点目に、自分の学習状況に合わせて講義(圧縮講義、論文対策講義等)を選択できる点がとても印象的でした。このお陰で移籍後、圧縮講義を通じて財務会計論(計算)や管理会計論、および企業法の知識を再び定着することが出来ました。

このように、最適な学習環境が整っているCPAにて、心機一転して勉強を再開した結果、無事合格することが出来ました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、受講生が学習しやすいように最大のサポートをして下さる点でした。特に、以下の2点でそれを肌で感じました。

1点目に、新型コロナウイルスの影響により緊急事態宣言が発令された時期に、迅速なご対応をして頂きました。

具体的には、ライブ答練の実施が中止されたため、答練をまとめて家に郵送して下さり、受けた答練はオンライン提出して採点できるようにシステムを整備して頂きました。そのため、緊急事態宣言の期間も不安にならず、問題なく学習を進めることが出来ました。

2点目に、学習中生じた疑問点をその日のうちに解消することが出来ました。

具体的には、CPAの各校舎には毎日各科目の講師やチューターが待機しているため、電話や対面にて質問して疑問点を解消することができ、とても助かりました。

このように、受講生をサポートするために様々な工夫をしている点が、CPAの最も良い点だと思います。

公認会計士を目指した理由

私は大学3年生の時行った交換留学がきっかけとなり、公認会計士を目指しました。

私は高校生の時から国際的に活躍することを目標としています。

しかし、いざ交換留学に行き、数多くの優秀な現地の学生たちと接してみると、自分に国際的に通用する能力が特にないことに気づきました。

自分の強みを見つけるために様々な分野の勉強をする中で、簿記が一番自分に向いており、得意に出来る気がしました。そこで、会計分野のプロフェッショナルである公認会計士を目指すことになり、帰国後すぐ勉強を開始しました。

監査法人には海外派遣プログラム等、海外で活躍できる機会が多々あるため、チャンスがあれば海外赴任に挑戦したいと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する