1発
合格

勉強していて分からない点が生じたらすぐ質問することができ、成績向上に繋がりました ---U Sさん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、奨学金制度です。

CPAでは学費の支払いが経済的に困難な受験生に向けた奨学金制度が存在し、利用することで入校時の学費の支払いが免除され、合格し会計士として働き始めてから支払いを開始することができます。ダブルスクールで資金の余裕が無かった私にとっては非常にありがたい制度であり、CPAに入校することに決めました。

また、今CPAは会計士受験対策の予備校の中でも最も勢いのある予備校であり、合格者数もグングン伸ばしています。

講師陣のSNSでの発信力も非常に高く、組織に透明性があるのも決め手になりました。

CPAに入校してからも、他の予備校にすればよかったといったような後悔をしたことは一度もありません。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は多くありますが、その一つに質問制度があると思います。

CPAでは、不明な点について受講生ポータルサイトからいつでもメール形式で質問をすることができ、だいたい1~2日以内に該当する科目の講師が回答を返信してくれます。

これの良いところは、勉強していて分からない点が生じたらすぐ質問することができ、比較的早く返ってくるので、すぐに疑問点を解消することができるという点です。忘れないうちに疑問点を解消することで記憶に残りやすく、成績向上につながったと思います。

また、テキストの分かりやすさ及び網羅性も他の予備校と比較してCPAの強みであると思います。

CPAのテキストは図や表がふんだんに用いられており分かりやすく、また細かい論点まで網羅的に掲載されているので、CPAのテキストを勉強していれば十分に点数が取れるようになると思います。

公認会計士を目指した理由

会計関連の高い専門性を発揮して誰かの助けとなる仕事ができるという点が、公認会計士を志した理由になります。

もともと私は、何らかの分野について特化した専門性を身に着け、それを武器にした仕事がしたいと考えていました。そうした中で、大学2年時に簿記や経済といった授業を受講し、こうしたお金に関する分野に自分は興味があることに気が付きました。

そして、関連する資格の頂点に公認会計士が存在すること、安定性のある独占業務のみならず高い専門性を活かしてクライアントの問題解決を図るようなアドバイザリー業務やコンサルティング領域でも広く活躍できる士業であることを知り、強い魅力を感じて公認会計士を志すようになりました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する