1発
合格

自分に合った講師を選択できること、質の良い教材、いつでも質問できる環境の3点が良かったです ---青野 龍清さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は3つあります。

一つ目は、高い合格率です。CPAの公認会計士試験における圧倒的な合格実績には説得力があり、この予備校なら自分でも公認会計士試験に合格することができると感じました。

二つ目は、いつでも質問できる環境があることです。公認会計士試験は難関であるため私は勉強に不安がありましたが、CPAでは常時チューターが待機していることからいつでも気軽に質問をすることができる点が非常に魅力的に感じました。

三つ目は、勉強以外におけるサポートです。CPA主催のイベントにおいて勉強仲間を作ることができ、友達と切磋琢磨できる環境がありました。また、チューターの先輩に大学の授業の履修相談を行うことができたり、イベントを通じてできた友達と一緒に大学の授業を受けることができた点が非常に良かったです。

このように、CPAは継続して勉強をする環境が整っていたため、私はCPAを選びました。

CPAの良かった点

私がCPAの良かったと思う点は3つあります。

一つ目は、自分に合った授業を見れる点です。CPAでは各科目ごとに複数の担当講師がいるため、授業を見比べて自分に合った講師を見つけることができました。人それぞれ好みはあるため、講師を選べる点は非常に良かったです。

二つ目は、質の良い教材です。会計士の勉強はとても難しいですが、CPAのテキストはどの科目でもわかりやすく論点がまとめられており、復習がしやすかったです。

三つ目は、いつでも質問できる環境です。これはCPAを選んだ理由でもありますが、勉強を始めてからも特に良かったと思えました。いつでも質問できる環境があったおかげで、分からないことをそのまま放置することがなくなり、成績の向上に繋がったと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したのは、キャリアの幅が広く、監査を通じて様々な企業のビジネスを学ぶことができるからです。

人は人生において起きている時間の大半を仕事に費やすと思っています。そのため、幸せに生きるためには仕事が自分にあったものでなければならないと考えました。

しかし、時と場合によって状況は変化することから一つの仕事しか選択肢を持つのではなく、様々な仕事に就くことのできる選択肢を持つことが大切だと思いました。

また、はじめは営業やマーケティングといったビジネスの中の特定の業務に特化して仕事を行うのではなく、ビジネス全体を学びたいと思いました。このような理由から様々なキャリアで活躍することが可能な公認会計士を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する