CPAの良かった点は、なんといっても学習スケジュールのアドバイスのきめ細やかさです ---N Sさん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は2つあります。

まず1つ目は、アクセスの良さです。というのも、大学のすぐ近くにCPAの校舎があり、いつでも気軽に自習室を利用したり、質問をできる環境にありました。

大学や公共の図書館で勉強するよりもCPAの自習室を利用した方が、周りの人が会計士受験生であるためモチベーションが上がりやすいですし、環境も整っているので、自習室の存在は大きかったです。

2つ目は、講義の選択肢が多いことです。CPAのスタンダードコースは、レギュラー講義のほか、圧縮講義という進度の早い講義や、速習講義という重要論点を抜き取った講義も見ることができるので、時々の状況にあった講義を選択することで効率的に学習を進めることができます

また、一つの科目に複数の講師の方がいらっしゃるので、自分にあうスタイルの講義を選択できます。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、なんといっても学習スケジュールのアドバイスのきめ細やかさです。

今年は新型コロナウイルスの影響で試験日程が延期になり、それに合わせてうまく学習スケジュールを変更できるかがかなり重要でした。この点、CPAは試験日程の延期が発表された後迅速に学習ガイダンス動画をリリースしてくれたので、落ち着いて対応することができました。

また、暗記一辺倒にならない質の高い講義もCPAの長所だと思います。もちろん、最終的に暗記しなければいけない部分はありますが、体系的な理解があれば、暗記の負担も軽減されることになります。私は講義の質には全幅の信頼を寄せていたので、途中で他の予備校の方が良いのでは…などと疑心暗鬼になることなく勉強に集中できたと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したのは、公認会計士は専門性を高められ、かつ、その専門性を生かすことができるフィールドが幅広いからです。

私は興味関心を持った分野に関しては突き詰めたくなる性格であるため、かねてより専門的な職業に憧れを抱いており、専門分野を持つ職業として、公認会計士に興味を持ちました。

公認会計士はビジネスの共通言語といわれる会計を専門分野としており、その専門性を生かして監査・会計コンサルティング・税務・経営など多様な領域で活躍している方がたくさんいらっしゃいます。

私が公認会計士を目指し始めたのは大学1年生の時ですが、当時「特にこの分野を極めたい」といったこともなかったので、幅広く可能性を残すためにも公認会計士を目指そうと考えました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する