講師・チューターによるフォロー体制、豊富なカリキュラム、重要性が記載された教材で効率的に学習できました ---山口 大治さん

CPAを選んだ理由

私は住まいは近く、通学可能な専門学校がなかったため、通信による学習をせざるを得ない環境でした。

また、受講開始段階ではフルタイムで働いていたこともあり、学習ペースに一定程度の柔軟性があることに加え、効率よく合格ラインを超える学習ができることが大事だと感じました。

そこで質問によるフォロー体制、学習の柔軟性、重要性に基づく効率的な学習ができるカリキュラムかどうかを軸に予備校を検討しました。

その点CPAは自身のPRに見られるように講師・チューターによるフォロー体制や豊富なカリキュラム、基本的にテキスト等全ての教材に重要性が記載されており効率よく学習ができます

以上のように私の理想とする環境があったため、CPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点はまず教材のクオリティの高さです。

例題や具体例を用いた丁寧でわかりやすいテキスト実践的な問題豊富な問題集本番を想定し実力の養成ができる答練・模試。どの教材をとって見ても最高の質であると断言できます。

また、講義ごとに自分に合った講師を選択できる点も自分の実力を高めるのに最適だったと思います。基本的に1科目につき2〜4人の講師が選択でき、自分にしっくりくる講師を選ぶことができます。

質問体制も非常に良かったです。電話での相談となるためはじめは緊張したり、不安だったりしましたが、講師やチューターの方が親身になって話を聞いてくれたため、学習の不安点をしっかりと解消することができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、自分の努力で会計という専門性の軸を持ち、経営課題解決のサポートという夢を叶えることです。

私は新卒で銀行に就職したのですが、会社に頼っている以上、自分のキャリア形成は会社の意向や状況に大きく作用されることを感じました。

そこで自分で夢を叶えるためのキャリアを決定・形成していく上で、専門性を持つことが大切だと感じました。

この点会計という領域は全ての企業に存在し、経営に密な領域であり、また自分が大学で学んだファイナンスとの親和性高いことから興味を抱きました。そして会計知識を生かした監査その他多様な業務を通じて経営課題解決のサポートが出来ると考え、公認会計士を目指しました。

学習で苦労した点や工夫した点

学習で意識した点は”問題が解けない・忘れてしまう・点が伸びない”といった状況でも悲観せず、しっかりと学習を継続することです。

この試験は範囲が膨大であり、かつ難易度の高い論点も多くあります。そのため、すぐに完璧を目指すのではなく、コツコツと継続することが大事です。

その点を強く意識し、最後まで粘り強く学習をした点が合格に大きく作用したと感じます。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する