CPAの教材は、理解を重視しつつも暗記が必要な点は明確にまとめられていました ---S Sさん

CPAを選んだ理由

教材の質が良いと感じたのが一番の理由です。

CPAの教材は、理解を重視しつつも暗記が必要な点は明確にまとめられており、試験合格に向けて必要な学習が明確になっていると感じました。また、論点の重要度も詳細に付されているため、学習の進捗状況に応じた論点の取捨選択ができる点も選んだ理由の一つです。

また、その他の理由としては下記のとおりです。

・近年伸びている予備校であり、その勢いに乗りたいと感じたため
・入学相談に行った際、一方的な説明ではなく私の状況を踏まえて受講コースを提案していただく等、対応が非常に良かったため
・自習室がきれいで、web講義等の学習環境も受講生目線で作られていると感じたため

CPAの良かった点

特に良かった点は、学習相談がとてもしやすかった点と、各科目に複数の講義・教材が展開されている点です。

働きながらの受験で比較的時間的制約の大きい中、学習論点の取捨選択及び適切な学習計画が重要と感じておりました。

CPAでは、迷ったときに校舎・電話ですぐに相談ができ、メール相談のレスポンスも速く、安心してこれらの相談をすることができました。また、各科目複数の講師による講義を受けることができ、自分に合う講師を選べることが良かったと感じました。

その他、webテキストや答練pdf提出等の学習環境が充実している点、受講生間の交流会や各種セミナーの開催等様々な施策が行われている点が良かったと感じました。

公認会計士を目指した理由

士業へのあこがれが、一番の理由です。

現在の職業は、上場企業のいわゆる普通のサラリーマンで、昇進も順調で安定しておりなにか不満があるわけではなかったです。一方で、会社の名前を背負って仕事をするのではなく、専門的能力を身につけ自分の名前で仕事をする、士業として生きていきたいと感じるようになりました。

その中でも公認会計士を選んだのは、将来的に様々なキャリアを歩める点が魅力的であったためです。

監査法人での監査業務はもちろん、経理、コンサル、税務、独立等、幅広い可能性があり、また、何か将来的に別のことに挑戦したくなったときも、公認会計士という資格があれば食いっぱぐれることはないのではないかと思いました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する