暗記する部分と理解する部分が明確なテキストでメリハリをつけて勉強できました ---青山 萌子さん

CPAを選んだ理由

最初の論文試験に落ちてしまって、予備校をそのまま変えずに次の試験に臨むか、変えて新しい気持ちで勉強するか迷っていました。

しかし、CPAは他校から移籍して合格する人が多いという実績があることが調べて分かったのと、新しい気持ちで勉強したいと思い、CPAを選びました。

授業内容では理解を重視した授業がされていたり、理解が深まるような教えてくれる教師オリジナルの教材を扱っていたこともCPAの決め手の1つでした。

CPAの経営学について、他校にいる人でも経営学はCPAを申し込んで使っていたので、CPAの経営学を受けてみたいという気持ちもありました。私は、CPAの校舎がない地域に住んでいて、自習室を使える環境になく、1人で勉強をする不安はありましたが、CPAを信じてCPAに移籍してよかったと思っています。

CPAの良かった点

校舎に通っていなくても、先生に質問しやすい環境が整っていたところが良かったです。

どの先生の授業も、丁寧に授業が行われているなという印象を受けました。

特に管理の理論の授業について、理解が深まるような内容だったので、管理の計算にも結びつき、もっと理解が進みました。また、監査論の授業も暗記する部分と、理解する部分がテキストに書かれており、明確だったので、メリハリのある勉強ができてよかったです。監査論の授業の内容も、事例対策についての授業がされており、事例問題に恐怖心がなくなりました。

授業の第1回目のガイダンスで、監査論の勉強の仕方を教えてもらえたことで、勉強をどのようにしたら受かるのかがわかったこともよかったです。

公認会計士を目指した理由

資格を取りたいと考えていたので、税理士か公認会計士で迷っていました。

しかし、大学の先輩が公認会計士に合格した体験を話されており、公認会計士に興味を持ちました。

いろいろと公認会計士の仕事について調べていくうちに、会計の専門家として仕事をしているとわかり、単純にかっこいいなと思いました。資格としてのレベルも高く、もし自分が資格を取れたら、自信にもなるだろうと思いました。

公認会計士の方とお話する機会があり、その方のお話で、誇りを持ってお仕事をされているのだなと思い、自分もそんな風になりたいと思いました。試しに簿記の勉強をまずやってみて、あまり抵抗もなく勉強でき、簿記の3級の試験にも合格したので、目指そうと決めました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する