繰り返し読むことで自然と頭の中に入る教材と、ポイントを熟知された講義で、通信生の私でも簡単に理解できました ---近藤 涼太さん

CPAを選んだ理由

大学4年次に受けた論文式試験に落ち、予備校選びを悩んでいた私は、CPAに移籍するか、以前通っていた他の某大手予備校を続けるか迷いました。

CPAが会計士予備校業界で実績を伸ばしていたのは知っていましたが、受講者がSNSで過剰に持ち上げているのではないか少し警戒していたのも事実です。また、地方に住んでいたため、教室サービス等を受けられないことから、他の予備校で通学をした方が勉強に集中できるのではないかとも考えていました。しかし、短答式試験に合格していた私は、論文対策コースはCPAが1番安く受講出来たこと、また、違う予備校の教材を入手してみて、自分にあった方の教材を使い勉強をしようと思ったため、CPAに移籍しました。講義を受け始めるまでは、この選択が正しかったのか分からず不安でした。

しかし、一度講義を受けてみたところ、自分の選択が正しかったと即座に確信しました。教材や講義の質に関する情報が事前に入手できないことで予備校選びを迷っている方も大勢いると思いますが、その点についてはCPAでは一切心配しなくていいと考えています。

CPAの良かった点

私が思うCPAの良かった所は、講義や教材の質が非常に良かったことです。

勉強は量と質の双方が大事だと言われていますが、質があってこその量だと思います。教材の質が公認会計士の合否を左右する最も大きく重要な要素だとさえ思います。この点CPAの教材は内容はもとより構成が素晴らしいため繰り返し読むことで自然と頭の中に入ってきました。また、講師の方の教え方が非常に上手で、受験生が躓くポイントを熟知されていたため、WEB通信の私でも簡単に理解することができました。おかげで、前年度苦手だった監査論が分かる様になり、好きになり、最後には得意になってしまうまで成長することができました。

私はWEB通信で映像授業と答練の採点以外のサービスは受けていないのでその他のサービスについて書くことはできませんが、会計士予備校において最も重要である授業、教材の質の良さについては繰り返し強調したいです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、大学入学後、なんの目標もなくただ単位をとりアルバイトをし、適度に遊ぶといった、普通の大学生の生活を送っていましたが、ふと将来のことを考えた際、このままで本当にいいのかと思ったことがきっかけです。

日本の大学の特に文系は、出るのより入るのが難しく、入れさえすれば大して勉強もせずに卒業でき、就職予備校と揶揄されている現状に、私はこのまま大学を卒業して大学の勉強を修めたと胸を張って言えるのか疑問に思いました。そこで、何か一つのことを真剣に勉強しようと思いたち、私が経済学部であったことから会計士試験を目指し始めました。勉強は大変なこともありますが何か1つの物事を極め、成長していく実感が得られることができるため辛いことだけではありません。

将来のことを考え真剣に迷われて入るような方は最後まで走り抜ける資質をすでに持っていると思いますので挑戦してみるべきだと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する