質問メールのほとんどが当日中に返信されており、対応の速さも他校に比べると群を抜いて上だと感じました ---A Rさん

CPAを選んだ理由

短答合格時は他校に在籍しており、論文不合格となった後CPAに移籍し、上級論文マスターコースを受講しました。

移籍の理由は、CPAの講師の方々がSNS等で積極的に情報を発信されており、受講生に寄り添う姿勢がとても魅力的に感じたことが挙げられます。受講生に対してドライな姿勢は一切感じられず、受講生を合格へ導くために本気で取り組んでらっしゃることが窺え、とても好印象であったことも移籍の理由の一つです。

また、他校在籍時に財務会計論、管理会計論及び租税法のコンプリートトレーニングを購入・使用しており、一問ごとに付属している丁寧な解説講義を見て教材の完成度の高さを感じたこと、そしてその解説講義が非常にわかりやすく自分に合っていたことから、本科生としてCPAへ移籍することを決意しました。

CPAの良かった点

財務会計論(理論)や監査論、企業法、及び管理会計論(理論)の論文対策用の教材が充実していたことが非常に良かったと思います。

他校の教材だと、短答に特有または頻出の論点は、論文専攻生にとっては不要であると感じていたため、上記教材のような短答論点をカットし論文対策に特化した教材はとても使い勝手が良かったです。
また、多すぎず少なすぎない答練の回数も、自分にとっては良いペースメーカーとなりました。答練のスケジュールを詰め込みすぎないことで、日々の学習を「答練で良い点を取るための勉強」にならないように意識できたため、自身の学習の進捗を図るため・力試しのためにはとても適切な答練回数であったと思います。

そして、通信生にとってはとても重要な質問メールの対応の速さも、他校に比べると群を抜いて上だと感じました。質問をしてもそのほとんどが当日の数時間内に返信されており、疑問点をすぐに解消することができ、ストレスなく学習を進めることができました。

公認会計士を目指した理由

手に職をつけたい、と思ったのが公認会計士を目指したきっかけです。

そのためにまずは、と思い立ち簿記検定を受け始めたのですが、「会計」という分野に対して非常に興味を持ち、楽しみながら勉強を進めることができたため、会計系のトップの資格に挑戦しようと一念発起し、公認会計士試験へ臨みました。監査法人に勤めるほか、経営コンサルティング業務を行ったり、事業会社内会計士として勤めたり、ベンチャー企業のCFOとして、または独立開業して・・・等々、数多存在する資格の中でも、これほどに将来の選択肢が広がる資格は他にないと思います。

公認会計士試験に合格するには膨大な努力が必要なことは言うまでもないことですが、その努力以上に、上記のような将来の可能性というリターンが得られることにとても惹かれたため、公認会計士を目指すことを決意しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する