1発
合格

テキストベースの勉強で合格に近づくことができるくらいに、テキスト・答練等の教材の質が高いです ---田中 龍太さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は①圧倒的な大学在学中の合格実績があること、②大学から自習室が近かったこと、③高校の先輩が通っていたこと、④紹介で入るとキャッシュバックがあったこと、⑤たくさんの方が自習室で真剣に勉強しているのを見て刺激を受けたことです。

私は日吉校の自習室に通っていましたが、自習室はほぼ大学生が通っており、大学在学中の合格率が高いことの理由がここにあると感じています。また私は今まで浪人などもせず大学入学までストレートに上がってきたので、ストレートにいかないことが怖いという思いがありました。そこでなるべく大学在学中に合格したいという思いが強く、大学在学中の合格実績のあるCPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は全てといっても過言でないくらいにとても満足しています。

その中でも特にテキスト・答練等の教材の質については自分が最もよかったと思っている点です。この教材の質をより証明できる証拠として私はCPA以外の教材は使用していないし、短答式試験に関しては過去問を一度も解かずに合格出来ました。また私はテキスト中心に勉強していて、問題集はほとんどやらずにテキストの例題ベースに学習していました。私のように問題集は分厚く、やる気がなくなってしまう人であったとしてもテキストベースの勉強で合格できるのはCPAのテキストが良かったからだと思っています。

他に私がとても満足している点として、オンラインで何度も授業を視聴できるようになったことは、合格のためにとても役に立ったことだと思います。これには授業の質の良さも含まれますが、理解重視の授業でわからない点を何度も視聴し、理解できるまで繰り返せたことは直前期の勉強にとても役立ち、結果を残せたのだと思います。

そして最後に私が良かったと思うことは、環境が良かったことです。具体的にはわからないことがあった時に質問に行くとすぐに答えてくれたり、勉強法で悩んでいるときにたくさんのアドバイスをくれるチューターさんや、朝から晩まで努力している同じ受験生がたくさんいたことです。私はあまり友達ができませんでしたが、毎日自習室にいる人の顔は覚えるので自分も頑張らないとという意識が生まれ、より勉強に専念できました。CPAのその環境は自分にいい刺激をもたらしてくれて、無事合格できたのだと思います。

公認会計士を目指した理由

私は高校受験、大学受験ともに推薦入学であったため、大学では何か資格試験にチャレンジしたいと思っていました。

そして大学の学部が商学部であったことや昔から数学が得意であったことから、公認会計士に興味を持ちました。実際にはあまり数学の得意不得意は関係ないようには思えましたが、数字を見ることに対して苦痛を感じなかったことは少しは関係性があるのではないかなと感じています。最初は公認会計士は給料がいいと聞いていたので、そのモチベーションや三大国家資格に含まれていて、合格できれば自分に自信が持てるといった理由で始めました。

しかし学習していくにつれて、自分には専門能力が身についているという感覚を感じるようになったり、企業の財務諸表を少しは読めるようになったことがさらなるモチベーションにつながり、公認会計士を目指そうと思いました。

学習で苦労した点や工夫した点

学習で苦労した点は自分に合った勉強法を探すことでした。

短答時には比較的早い段階から勉強法が固まっていたので、あまり苦労しませんでしたが、論文時には今までのやり方が通用しない部分が多かったです。特に企業法は短答時には一番得意な科目でしたが、論文時には勉強法が最後まで固まらず、とても苦労しました。

工夫した点はとにかく聞くということです。そしてなるべく理解重視で学習することです。最終的には暗記しなければならないのですが、理解している状態とそうでないときの暗記の速さには雲泥の差があります。授業で理解できなかったこと、問題を解いていて納得できないことについては友達なり、チューターさんにすぐに聞くようにしていました。上記の勉強法についてもたくさんのチューターさんに相談し自分に合うものを見つけようとしていました。

あとは私は何時間勉強したという自信や、どの教科の勉強時間が足りていないのかを知るために勉強時間を計測していました。アドバイスをもらうためにもこれはやっていてよかったなと思っています。

これから公認会計士を目指す方へ

私は本当に公認会計士はだれでも努力すれば合格できると思っています。

少ない勉強量で合格できる天才もいますが、ほとんどの人は私が見たことがないくらい努力していました。頭がいいと思っている人に限って、その努力を怠っていませんでした。勉強は量より質といいますが、それはただの甘えであり、私は結局は量だと感じています。その中で徐々に質を意識し始めていくので社会人で時間がない人は除きますが、大学生であるなら勉強漬けの毎日を送ればだれでも合格できると信じています。

勉強から解放された時の解放感、自分の番号があった時の達成感・感動は本当に最高です!
聞く人皆言っていますが、会計士は給料もいいらしいのでぜひ勉強を頑張ってほしいなと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する