講義や教材の質が高く、結論の根拠がわかりやすく説明されているので納得しながら学習を進められました ---井上 仁さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ主なきっかけは、早稲田大学主催の簿記講座に参加していた事です。

もともと簿記を全く知らなかった私ですが、親の「お得だしやってみたら?」という勧めでこの簿記講座に参加しました。ここでは、CPAの経営学講師である永田先生に非常にわかりやすい授業で簿記を教えてもらい、また、公認会計士という存在もここで知ることができました。簿記の授業が進み、公認会計士に興味を持った8月ごろにCPAに説明を聞きにいきました。また、ここでCPAの合格率が一般的な合格率と比較してとても高いことも決め手となり、他の予備校と迷うことなくCPAで学習を始めることに決めました。

また、大学3年生の時の論文試験に落ちてしまった時も、CPAでなら来年の合格は可能だと思ったので継続して上級論文マスターコースに申し込み、大学4年生で合格を勝ち取ることができました。

CPAの良かった点

CPAを選んで良かったなと思った1番の点は、講義やテキストの質がとても高いところです。

とくに論文対策講義は、どの講義でもどうしてこういう結論になるのか根拠がしっかりわかりやすく説明されており、納得しながら講義を進めることができました。さらに、論文対策講義で使用したレジュメを復習の際に見て、理解が足りていないかもしれないと思ったところも、散歩をしながらや風呂に入りながらMP3で音声だけを聞くなど「ながら学習」ができたことも理解を強化する上でとても役に立ったと思います。

また、私自身自宅での学習が性に合っていたので、PDFでの答練のデータのやり取りはとても助かりました。受講生にとって便利だなと思ったシステムを導入していくような受講生ファーストな姿勢もCPAの大きな魅力だと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したのは大した夢や希望によるものではありません。

私自身、早稲田大学商学部に進学したのも、強いて言えばお金が好きだなという理由であり、大きな夢や希望を持って入学したわけではありませんでした。そして、大学に入学して公認会計士の存在を知ることになり、公認会計士の年収が比較的高いということ、その資格を生かして将来の選択肢を広げることができるということを魅力を感じました。

お金が欲しい、漠然と普通の会社員として何十年も同じ会社にいるということに少し良い印象を持っていなかった私は、大学生になって自由な時間があったので、公認会計士を目指してみるのもありかと思い、学習を始めることになりました。

学習で苦労した点や工夫した点

私自身普段の学習ではかなりのサボり魔になっており、周りの学習者との勉強に対する姿勢のギャップに悩み、自己嫌悪に陥っていることが多々ありました。

周りが頑張っているから私も頑張ろう、というよりは私は何てダメなんだろうと思ってしまうようなかなりなネガティブな性格だったので、比較することなくマイペースにできる自宅学習が向いていることに気づけたことは良かったと思います。その際にはサボらないようにスマホに制限をかけたり、1日のTODOリストを作成するなどの工夫をして勉強していました。気持ちを安定させながら勉強することは大切だと思います。

また、短答式試験の際にはほとんど、答練はほとんど進めておらず、受講だけはして答練は受けないというダメな受験生になっていました。今思えば答練は自分の立ち位置を把握する上で絶対必要だったと感じます。論文式試験の時は、遅れながらもなんとか答練をこなしていけていたと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する