多くの講義の中から自分と合う講師の授業を、自分で選ぶことができ、理解の助けになりました ---高野 大志さん

CPAを選んだ理由

他校で論文式試験に不合格となり、改めてどの予備校で来年度の合格を目指すか真剣に検討し、多くの予備校を回りました。

その中で、CPAのテキストはひときわ際立って見えました。情報量が豊富で、同じ論点でも様々な観点から説明されていて理解に大いに役立ちました。また、細かいところまで重要度等のランク付けがされており、理解を強化する時はC論点まで目を通し、直前期には重要度を重視し強弱をつけた勉強することができ、合格に大いに役立ちました。補助教材のポケットシリーズも時間が少ない中での回転教材として頻繁に利用しました。

また、CPAでは多くの講義の中から自分と合う講師の授業を、自分で選ぶことができその点も魅力に感じました。

CPAの良かった点

テキストの構成が、よく練られており、自分の理解が進めば進むほどその完成度の高さが分りました。

講義は、私の場合多くの講義を最初の1回だけ視聴し、自分と1番合う講師の講義を選びました。人間なので、理解の仕方が合う合わないっていうのはあると思うので、自分の理解の1番助けとなる講師を選ぶことができたのは、とても大きかったと思います。

答練は、必要十分と言う感じで、勉強のペースメーカーとして大いに役立ちました。CPAは後から答練を受けてもきちんと採点してくれるのでとてもありがたかったです。
質問対応は、電話での質問はフリーダイヤルだったので経済的に余裕のない学生にとってはとてもうれしかったです。

公認会計士を目指した理由

普段は知ることのできない、企業や経営者のことを知ることができる点が自分にとって大きな魅力でした。

また、経済の基盤を支えるという社会的意義があるため、それに貢献することができるというのは喜ばしいことだと感じます。また収入が高いというのも当然大きな魅力の1つでした。ただ、長い受験生活を経験した今となっては、上記の理由よりも、この勉強を通じて得られた経験の方が貴重だと思っています。この勉強を通じて情報を体系的に整理する力と、その大切さが理解でき、これは人生を生きる上で全てのことに生かせると思っています。また自分の周囲の人の温かさに再度、気がつくことができ、絆がさらに深まったと感じています。

公認会計士という目標は人生を懸けて目指す価値のあるものだと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する