1発
合格

在学中の合格者の方が多いことにも、とても魅力を感じました。 ---間瀬 朱音さん

CPAを選んだ理由

大学の近くの予備校をいくつか見学した中で、CPAは公認会計士専門の予備校であることや講師とチューターの方が常に校舎にいて質問がしやすい環境であること、同じ大学の受講生が多いことから、CPAを選びました。

また、CPAの簿記の体験講座を受講した際にテキストと授業が分かりやすかったため、引き続きCPAで公認会計士を目指そうと思いました。体験講座を受講したり、相談会に参加したりする中で、講師の方やチューターの方が親身で面倒見がいいと感じました。また、大学の近くにあるので、空きコマに自習室で集中して勉強できる環境が用意されているところも気に入りました。

さらに、私は在学中に合格したいと思っていたので、在学中の合格者の方が多いことにも、とても魅力を感じました。

CPAの良かった点

講義や模試など、大学と両立できるように配慮されているカリキュラムが良かったです。

また、講義をライブで受けるか後からタブレットを利用して受けるかを自分のスケジュールに合わせて自由に選択できるところも良かったです。ウェブで講義を受ける際に、速度を変更したり、分からなかったところを戻したりできることは、効率的に理解を深められたと思います。講師やチューターの方が、講義の進捗状況や模試の結果をもとに、自身に合わせたスケジュールや目標を一緒に立ててくださったので、2年半ほどの長い期間諦めることなく、学習を続けることが出来ました。

また、スマートフォンやパソコンで、空き時間にウェブテキストを確認できるところも良かったです。

公認会計士を目指した理由

大学の近くでパンフレットをもらい、簿記の講座を受け、公認会計士に興味を持ちました。

また、実際に公認会計士として働かれている方から直接お話をお伺いした際に、一般的に知られている高収入であること以外にも公認会計士には魅力がたくさんあることを知り、公認会計士を目指しました。女性も活躍しており、ライフスタイルに合わせて、柔軟な働き方を選択できることや、キャリアの幅が広がるところに特に魅力を感じました。

また、大学在学中に自分の武器になるような資格を取りたいと思っていたところ、公認会計士は三大国家資格と言われているものの大学在学中に取得することも可能であることも公認会計士を目指すことを決断した理由の一つです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する