1発
合格

個別サポートという看板に偽りはないなと感じることができました。 ---馬 俊野さん

CPAを選んだ理由

結果的にはほとんど利用しなかったのですが、通信生でも質問への対応や自習室の利用という点では通学生と同様のサポートを得られることがCPAの通信を選んだ第一の理由でした。

メールでの質問は実際にも何回かしたことがあるのですが、翌日には返信を送ってきてくれたので、個別サポートという看板に偽りはないなと感じることができました。
また、サークルなどの大学生活も楽しみたいという理由から、好きなタイミングで講義を受講できる通信がいいなと思っていたのですが、資料を請求するまでは通信が自分に合ったスタイルなのか不安もありました。

しかし、CPAは通信生でも一定の回数までは校舎に行ってライブ授業を聞けるというところも、後から「通信は自分に合わないな」となったときの保険になるので安心して申し込めました。

CPAの良かった点

私は通信講座だったのですが、同じ科目の講義でも複数の先生の講義が収録されていて、好きな先生の講義を自分で選んで見れるところがとてもよいと思いました。

授業のスタイルや話し方などから一番自分に合う先生を選ぶことでより効果的な学習ができたのはもちろんのこと、ある人の講義では分かりづらかったところが他の人の講義を見てみることで理解できたりと通信の特徴を生かした勉強をすることもできました。

また、比較的新しい予備校ということでサイトのUIが悪くて使いづらいのではないかという懸念を最初は抱いていたのですが、既に見た講義は一覧に表示しないようにできたりと使いやすいUIだったのも個人的にはとてもいいと思いました。

公認会計士を目指した理由

私は公認会計を志した理由は、大学で受講した会計学の授業が面白く、会計に携わる仕事に就きたいと思ったからです。

一つ一つの会計処理を取り出してみると無味乾燥なルールのように思えるにもかかわらず、全体として見てみると実現・発生・対応といった概念に従っているというところに会計学の面白さを感じ、そして学習を進めるにつれ自然と会計に携わる仕事に就いてみたいと感じるようになりました。
しかし、一般企業への就職では確実に会計に携わるということができないため、会計自体を仕事にしている公認会計士を志すことにしました。

また、景気に左右されずに安定して高い収入を得られるという点も公認会計士を目指した理由の一つです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する