重要性のランクが振り分けられたテキストで、重要性の高いところを重点的に勉強することで、効率的に学習できました ---土橋 歩美さん

CPAを選んだ理由

大学の近くにあり、友人が通っていたのでCPAを選びました。また、合格率が1位であったこともとても魅力的でした。

CPAで開催されていた公認会計士説明会のようなものに参加し、そこでお話しされていた先生がとても親身に相談に乗ってくださり、CPA会計学院で勉強することを決めました。当時は大学生で学校やアルバイトもあり、CPAの授業に出席できるか不安がありましたが、授業に出席できなくてもDVDで受講することができると聞き、自分のペースで勉強することができるという点も魅力的に感じました。

DVDで受講する場合は速度を変更することができ、1.5倍にしたりできるので、とても効率的に学習することができたと思います。

※現在は校舎で貸し出しているiPadにて、講義をご視聴いただいております。
※iPadの場合も同様に倍速視聴が可能です。

CPAの良かった点

講師の方の説明が非常に丁寧で授業がわかりやすかったです。

短答式試験を一度落ちた後に、財務会計論の圧縮講義を受講したのですが、改めて講義を受けることで理解を深めることができました。
また、CPAでは先生やチューターの方がいつもいらっしゃるので質問もしやすかったです。
授業のカリキュラムから遅れてしまったり、答練の成績がなかなか上がらなかった時も相談に乗ってくださりました。

公認会計士試験は相対評価なので周りが取れている問題を取ることができれば合格できる試験だと思います。CPAのテキストでは重要性のランクが振り分けられているので、重要性の高いところを重点的に勉強することで、効率の良い学習をすることができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は様々な業種に関わることができるという点です。大学3年生になり、一般企業での就職を考えた際に業種を絞ることができませんでした。将来を考える中で会計士ならば会計のスペシャリストとして多様な業界に触れ成長することができると思い、勉強することを決断しました。

2つ目は女性としても働きやすい点です。監査法人では時短勤務などの制度が充実しており、子育てをしながら仕事をされている方がとても多いです。公認会計士という資格があると結婚、出産した後も社会復帰がしやすく監査法人では多くの女性職員の方が活躍されているという点が会計士を志すきっかけとなりました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する