通信生で孤独な受験生活の中、講師やチューターの方々にはいつでも対面や電話で親身に質問相談に乗ってもらい、救われました ---M Yさん

CPAを選んだ理由

CPAに移籍した理由は主に2点ありますが、1点目は有名講師や評価の高い教材が多いことです。
特に論文式試験の勉強を始めてから、管理会計論の苦手意識が強くなり、池邉先生の講義を受けたいと思った事がきっかけです。

また2点目は質問や相談がしやすい雰囲気を感じたためです。
以前の予備校では、通信受験をしていたこともあり、質問や相談をほとんど利用せず、孤独な受験生活でした。1回目の論文式試験不合格後は、相談体制の整った環境で勉強したいと思い、いつでも対面やフリーダイヤルで質問相談が可能なCPAに移籍することを決意しました。

CPAの良かった点

CPAの講義や答練解説では、常に講師の方々が平均的な受験生のレベルを示してくださり、目指すべきレベルが明確で学習効率が良いと感じました。

平均的な受験生のレベル、科目合格レベルを知る事で受験上の戦略にも役立ちましたし、試験中にもある程度の判断ができるようになると問題の適切な取捨選択ができるようになりました。また、孤独な受験生活の中、動画の中での講師の方々の言葉に励まされたり、学習相談では親身になって相談に乗ってくださる講師の方々やチューターの皆さんに何度も救われました。

相談体制が整っている点は本当によかったと思っています。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、プロフェッショナルへの憧れと得意な英語を活かし、グローバルなキャリア形成を目指したいとの想いからです。

大学卒業後は一般事業会社へ就職しましたが、なかなか仕事にやりがいを感じる事ができず、プロフェッショナル職への憧れを抱くようになりました。
また、英語を活かした仕事を希望していましたが、それもチャンスが無く、自身のキャリアの軸になる資格を目指そうと思い、公認会計士受験を決意しました。

さらに、受験を決意した際にはすでに結婚しており、今後さまざまなライブイベントが予想される中で、女性にとって自身のキャリアの自由度を高めてくれる資格であることも魅力の一つでした。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する