上質な教材、プロフェッショナル講師陣、万全のサポート体制どれをとっても最高でした ---波岸 克岳さん

CPAを選んだ理由

もともと自分は格安の他の予備校で2年間通信で勉強して、短答式試験まではその予備校で勉強していました。

しかし、1回目の論文式試験の受験で不合格をもらい、この予備校では一生受からないと思い立って他の予備校を探したのがCPAと出会ったきっかけでした。

他校にはない論文式試験特化型コースと、上質な教材、プロフェッショナル講師陣、万全のサポート体制。どれをとっても受験生にとって最高のものでした。

それにプラスして、自分に合う講師を選べるというのも画期的でした。これはCPAに入ってから気づいたことなのですが、講師だけではなく、チューターやスタッフの方々も、「受講生に満足してもらう環境を提供するんだ」という気持ちを全面的に感じました。そういった点もCPAを選んでよかった!という理由の一つになります。本当にCPAに感謝しています。

CPAの良かった点

CPAの「一番」良かった点を挙げるとすれば、良質な講義と講師、これに尽きるのではないでしょうか。

より分かりやすく、より理解しやすく受講生に伝えようとしているのがどの講師の先生からも伝わりましたし、実際、わかりやすい説明で合格まで導いていただけました。

複数の予備校も経験した自分だからこそ言えますが、CPAの講義のわかりやすさ、豊富さはこの界隈随一です。

それにプラスして、答練の問題やその講評のクオリティも作問者一人一人が誇りをもって作問しているため、「この指示にはこういう意図があったのか」など、より適切に回答直後にフィードバックできる点も良かった点として挙げられます。

また模試後にすぐ解答解説を見れる点なども受講生の気持ちを汲んだ対応をされていたんだなと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、飲食のアルバイトの皿洗いをしていて、貴重な学生時代の時間をアルバイトに費やすのは不毛だと感じ、自分が生み出す付加価値に疑問が生じたのがきっかけです。

そこから「社会人になった時に周囲に埋もれない人間になりたい」という考えが強くなり、ビジネス言語のひとつである簿記・会計を勉強し始め、公認会計士が持つ専門性の高さと多様性のあるフィールドで活躍できる職業的魅力に惹かれました。

もちろん、公認会計士になれば平均的なサラリーマンよりははるかにお金を稼ぐことが出来るというのも大きな魅力のうちの一つであったことは言うまでもありません(笑)

合格した今、振り返ると何か一つの物事に熱中して結果を残せたというのは大きな自信になりましたし、あのときアルバイトを経験してたからこそ今があるんだなというのを感じます。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する