科目ごとに、自分のレベルに応じて柔軟に組めるカリキュラムに魅力を感じました。 ---野崎 祐未さん

CPAを選んだ理由

他校で学習していましたが、短答式試験をなかなか突破できずにいました。

試験後の解答速報の中でも、CPAの解答解説が最も分かりやすく学習方針まで詳しく発信されていたため、CPAに興味を持つようになりました。効率よく自分のスケジュールに合わせて学習したかったため、CPAの科目ごとに自分のレベルに応じて柔軟に組めるカリキュラムに魅力を感じました。
さらに、テキストや問題集といった教材に加えて、持ち運びに便利なまとめ集であるコンパクトサマリーや、隙間時間でも効率的に問題演習ができるweb短答問題集など、豊富な教材にも惹かれました。

受講相談に行ったところ、講師の方に親身に相談に乗って頂いて合格のために何をすれば良いかが明確になり、「ここで勉強すれば受かる」と信じて移籍を決意しました。

CPAの良かった点

CPAで勉強していて最も助かったのは教材のラインナップの豊富さです。

詳細な解説を含むテキストとその知識をアウトプットする問題集だけではなく、時間のない場合に重要論点を効率よくインプットできるレジュメや、短答・論文各々に特化した対策集、持ち運びに便利なコンパクトサマリー、隙間時間でも気軽にゲーム感覚で問題演習ができるweb短答問題集など、自分のその時々の状況によって「痒い所に手が届く」ような教材が常にありました。
答練についても、解説の中で出題論点に関する教材の参照ページが記載されていたため、スムーズに復習することができ、学習効率が上がりました。

自分に合った教材を吸収すれば必ず受かるという安心感があり、苦しいことも多い受験生活の支えになってくれたと思います。

公認会計士を目指した理由

公認会計士のキャリアの幅広さに魅力を感じ、公認会計士を目指しました。

監査法人で働くだけではなく、企業における財務・経理・税務や独立開業、企業CFOなど、これほど多彩な働き方ができる職業は他になかなか無いと思います。
変化の激しい時代の中でも、働き方を柔軟に選ぶことができるのは公認会計士の大きな強みなのではないでしょうか。
また、業務上様々な業種の企業や人々と関わり視野を広げ続けられることは、生涯を通して幅広い経験を積み成長し続けたいという私の志向に合っているように思われました。

また女性の場合、出産・育児などのライフイベントとキャリアとのバランスを取るのが難しいと言われることも多いですが、公認会計士なら産休・育休後にも復帰しやすく、パートとしても働くことができるという点で、自分の将来の状況によって柔軟に働き方を選べると思い、公認会計士を目指すようになりました。

学習で苦労した点や工夫した点

「1日何時間」というように目標を勉強時間で設定するのではなく、どの科目の論点を何個潰すというように、論点を意識して勉強していました。

ただ漫然と机に向かって勉強したつもりになり、実際は身についていない事態になることは避けたかったからです。学習の際は、「試験本番で出題されたら解ける」状態に持っていくことを目標に、目の前の問題を解くことに拘泥せず、試験本番ではどのような形で出題されるか、出題されたらどのように解いていくのかというように、試験本番で正答するためのプロセスを身につけることに重点を置きました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士試験の勉強は決して楽な道ではなく、成績が伸び悩んで苦しいこともたくさんあると思います。

ですが合格の喜びはそれまでの苦労を一気に吹き飛ばしてくれるほど、かけがえのないものです。
思い通りに行かなくても、積み重ねた努力は確実に返ってくるので、最後まで諦めずに駆け抜けましょう!応援しています!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する