1発
合格

CPAを選んだ決め手は圧倒的合格率の高さと周囲の評判の高さです ---高瀬 陸さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は圧倒的合格率の高さと周囲の評判の高さにありました。

CPAに通う以前に簿記の無料体験講座を他校で受けておりそこで公認会計士の存在を知りましたが、公認会計士を目指すならCPAが一番いいと周囲の評判に押されて、一度説明を聞きに行くと、講師の方も優しく丁寧にカリキュラムの説明や合格率の高さなどを教えてくださりました。

私はただ説明を聞きに来ただけなのに、私に多くの時間を割いて熱心に説明をしてくださり、長期期間の勉強になる以上、信頼できる講師に学びたかったので、このことはCPAを選んだ決め手となる重大な要因になりました。

また無料体験講座で簿記二級の無料体験講座を受講させていただきましたが、非常に講義がわかりやすく、自分に合ってるなと感じたのも決め手の一つです。

CPAの良かった点

CPAの良かった点として講師の方の面倒見の良さだと思います。

私は一時期勉強に対するモチベーションが上がらず、カリキュラムから50コマほど遅れを取っていました。

もはや絶望しかなく、諦めようか迷った時期もありましたが、そんな時講師の方に相談すると、的確なアドバイス、例えば週にどのくらい講義を受けて、復習に費やす時間をどのくらいにするかなどを決めてくださり、また相談する度に励ましのお言葉をかけてくださり、頑張ることができました。

またオンラインで講座を受講できるのも良かった点だと思っています。CPAのオンライン環境はとてもよくて、画質が非常に良く、また音声も倍速機能を使用しても鮮明に聞こえ、非常に学習が快適でした。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、目標を持って大学生活を過ごしたかったからです。

目標を設定するにあたり、部活やサークルや大学の授業、バイトなど何か打ち込めるものを探していた所、公認会計士という職業を知りました。

公認会計士という資格は大学に入学後初めて知った資格ですが、非常に将来性がありかつ重要で責任ある仕事であることを知りました。なので、責任ある重要な仕事に就きたいという将来への先行投資でもあると思って大学時代は公認会計士の資格勉強に打ち込もうと目標を立てました。

また、金融に対する知識を勉強することができ、現在の不安定な環境の中、公認会計士には多くのキャリアが開かれていると知り、それも公認会計士を目指そうとした主な理由です。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する