テキストが理解しやすく、質問対応、講義が充実しているところが決め手でした ---菊地 勇紀さん

CPAを選んだ理由

①テキストが理解しやすい
他校のテキストでは、なぜそうなるのか?という記載がそこまで多いわけではなかったですが、CPAは記載が多めでした。
また、解き方のポイントなどもテキストに記載されており非常に理解しやすかったです。

②質問の充実
通信学習だったので電話による質問でしたが、CPAには常に電話対応できる講師の方がいるのでいきなり聞きたいと思った時に聞きやすかったです。
また担当科目以外の質問にも答えてくださったのでありがたかったです。

③講義の充実度
様々な講師から自分で選択できるので、自分に合う講師の選択が可能でした。具体的には、一部はある講師の方で、それ以外はいつも観ている講師の方にしよう というような感じです。

CPAの良かった点

CPAを選んだ理由と同じです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指す前までは自分のやりたいことがなく流されるままに人生を過ごしていきました。

しかし突然自分のやりたいことをやりたいと思いなにか職はないか という観点で探していたところ
公認会計士という資格を見つけました。

はじめは直感で公認会計士になりたいと思ったのですがさすがにそれはまずいと思ったので、自分が本当に公認会計士に向いているのかを日商簿記2級を受けて試してみました。

試験の結果は無事合格で、これならできそうと思い公認会計士を目指しました。

公認会計士の勉強を始めてからは、会計がわかることで企業がどういう活動をしているかということがわかるのでそこに惹かれて公認会計士になりたいと改めて決意しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する