勉強途中で確認したい際に、教科書を持っていない時もオンラインで確認できて便利でした ---小倉 康平さん

CPAを選んだ理由

大学の先輩に公認会計士を目指すにあたってどこの予備校がいいかを相談したところCPAを勧められました。当時はそこまで大きな規模ではなく、どちらかというとマイナーな塾だったので最初は不安でした。

しかしその先輩のCPAを勧める熱量がすごく(その人はCPAじゃありませんでしたが)、また国見先生のTwitterを見せてもらってこの人なら信用が出来るかなと思ってCPAに行こうかと考え始めました。

決定打は、3つの予備校に説明を聞きに行ったり、体験授業を受けに行ったところ最も生徒のことを考えてくれていそうと感じたからです。他の予備校は他の資格試験の授業も行なっており、公認会計士資格はいろいろある資格のうちの一つとして扱われており、公認会計士を目指すベストな環境ではないなと感じ、CPAは公認会計士を目指す上でベストな環境だなと感じたからです。

CPAの良かった点

一番感じた点は模試や答練のクオリティの高さです。

一般的には予備校が作った模試、答練と、過去問はある程度乖離があるものだと思いますが、CPAの過去問、答練は過去問と比べても大きな乖離がありませんでした。私は基本的に答練を繰り返して解いて勉強していたので、そこの乖離が大きかったら合格は難しかったと思います。

また、オンライン上で全ての教科書や問題集、答練を確認できる点も大変よかったです。公認会計士試験の教材は大変多く、全ての教材を持ち歩くのは不可能なので、勉強途中でちょっと確認したい箇所ができた時に教科書を持っていなくてもオンラインで確認できて大変便利でした。また検索機能もあり一から教科書の記載箇所を探す手間も省くことができた点も良かったです。

公認会計士を目指した理由

大学1年生の頃、頑張って大学受験を突破して少し浮かれていました。

しかしふと自分について考えてみると、ただその大学に所属しているだけで、自分自身は大して物を知らず、何もできない存在だと気がつき虚しくなりました。そこで何者かになりたくてなりかしらの専門家になりたいなと思い始めました。

どの分野について詳しく勉強しようと悩んでいるときに簿記に出会いました。簿記はマーケティングや経営戦略論と違って既に明確に体系化されており、決められた手順を踏むことで資産や利益の値が出てくることに感動し簿記に興味を持ち始めました。その後簿記の延長線上に会計学があり、それを職業にしてる会計士という存在を知りました。ちょうどその時大学で公認会計士についての講演会があったので参加してみたら、会計を通じて会社を助ける仕事に魅力を感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する