理解重視で作られた講義とテキストで、理解を実感でき、充実感をもって学習できました ---加川 瞭さん

CPAを選んだ理由

大学1年の冬から公認会計士試験の勉強を他校でしていましたが、結果がふるわず悩んでいた時期がありました。

そのときに、CPAに移籍した大学時代の同級生にCPAについて聞く機会があり、質問がしやすく安心して学習に取り組めるという話を聞き興味を持ち、実際に講師の方にお話を伺いに行きました。すると他校の生徒であった自分に対しても、とても親身に相談にのっていただき、感動したのを今でも覚えています。そしてCPAなら安心して学習に取り組める・合格できるのではないかと考え移籍を決意しました。

また、以前の予備校では講師に質問する機会が限られてしまい、学習中に疑問に思ったことをオンタイムで解決することが困難で消化不良を感じることが多かったのですが、CPAは常時講師・チューターが常駐おられるため、疑問に思ってすぐ質問ができたため、すっきりとした状態で学習ができました。

CPAの良かった点

理解重視で作られた講義とテキストがとてもよかったです。

「この論点はこうだからこうなる」というのをとてもわかりやすく解説してくださったので、理解できたことを実感でき、充実感をもって学習ができました。また理解とは矛盾している話なので恐縮ですが、理解がとても困難なところに対して、「ここは正直覚えちゃった方が早いよ」と率直に言っていただけたこともありがたかったです笑。

あと、「答練は解き捨てでいい」というほどに回転教材が充実していたこともよかったです。様々な教材の反復を重視する予備校と異なり、「回転教材はこれ」というものがあり土台とすべき目標がはっきりとしていたため、その教材に対してがむしゃらに取り組むことができました。

公認会計士を目指した理由

キャリアプランの選択肢が豊富で、主体的に働くことができ、将来への可能性が広がると感じたからです。

高校生の時、公認会計士の先輩方にお話を伺う機会がありました。100人の会計士がいれば100通りのキャリアがあり、自分でそれを主体的に選択できるというお話と、先輩方が自ら選ばれたご自身のキャリアについて誇りを持っておられる姿が大変印象的でした。自分も先輩方のように、キャリアプランを主体的に選び、自らの業務に誇りを持って働けるようなプロフェッショナルになりたいと強く感じました。また、自分自身のことばかりではなく、日本経済の発展という大きなテーマにも貢献できる点に魅力を感じました。

その為にもまずは業務を1つ1つ丁寧にこなし、会計士としての基礎・土台を作り、少しづつ携われる範囲を増やしていきたいです。

 

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する