CPAは試験の戦い方を教える事に長けていると感じました。 ---神谷 倫之助さん

CPAを選んだ理由

CPAに移籍した理由は1番の理由は移籍金が他の予備校と比較して安かったからです。
親にお金を出してもらって予備校に通っていたので、なるべく親の負担を減らす事を考えてCPAに決めました。

その他にも他の予備校のカリキュラムや教材、答練をやりきった上での不合格であったため同じ予備校では成績が頭打ちにあうと感じたことやモチベーションの維持に支障をきたすのではと考えていたことも決め手となりました。

実際に相談に行った時に見せてもらった教材は他の予備校のそれとは全くことなるものであったため、新しい勉強を始めるかのような感覚になりモチベーションが沸々とわいてきました。また年々上昇している合格実績にもひかれ移籍を決断しました。

CPAの良かった点

まず先ほども述べた様に成績の伸び具合の頭打ちにあってる感覚を持っていた自分にとって他の予備校とは一線を画する教材や講義の数々、答練の難易度はどれも自分にとって新しい刺激となり実力があがっていく感覚が手に取るように分かりました。

また、CPAは試験の戦い方を教える事に長けていると感じました。知識ベースの内容では以前所属していた予備校とほとんど変わりを感じませんでしたが、他の受験生のレベル感、どの問題を落としてはいけないのか、限りある試験時間のなかでどのように得点を積み重ねていくのが1番効率が良いのか等の方法論を事細かく講義や答練の解説で説明してくれるので試験での立ち回り方が非常に上手くなったと感じました。

公認会計士を目指した理由

高校時代、部活で自分が設定した目標を叶えるために必死になって努力を重ねたがその目標を達成することができず何も目に見える結果を得られないまま、悔しさが残ってしまいました。その悔しさから大学では目に見える結果が得られる様な事をしたいと考えていました。その考えを親に話したところ、「公認会計士になれば?」と提案されたのが最初でした。

将来のビジョンが明確に定まらず、また将来やりたいことを探すことすら面倒になってしまう自分にとって勉強をして資格をとるという明確で思い悩む事の無い真っ直ぐなレールは自分にとって非常に都合の良いものであったため、目指すことを決めました。

勉強を開始してすぐの頃は正直公認会計士がどういう職業なのか良く分からない状態でありましたが、知識を得るにつれて興味がかきたてられ今では目指して良かったと思っております。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する