豊富な教材で、苦手な科目も克服でき、得意科目もより点数を獲得できました ---管 政暉さん

CPAを選んだ理由

CPAに移籍した前は、ずっと自学していました。

論文式試験は一度落ちた後、色々反省しまして、やはりアウトプットを重視する論文式試験では、短答とは違って、深い理解と体系的な勉強方法が強く求められています。逆に、従来の勉強は体系的になっていないので、基礎は定着しておりません。

ここで、CPAは上級者がよくある基礎力不足という問題に対して、自由に圧縮講義とレギュラーまた速習講義や論文対策講義(また短答対策講義)が用意しており、自分の現段階の実力に応じて、復習することが可能です。

また、一度論文勉強経験のある人は、勉強を再開する時でやはりどのコースを選ぶのは初学者よりも苦慮しています。

この時、CPAでは無料で講師と個別相談することで、現状分析などをたくさんアドバイスを頂いた上で、コースを選択できます。上記の理由から、私はCPA学院を選びました。

CPAの良かった点

まず、CPAは豊富な教材を用意しています。苦手意識のある科目ではテキストレベルの基礎系問題、アドバンテージを取りたい科目では計算に特化したコンプリートトレーニングもあります。

このように、闇雲に勉強することではなく、苦手な科目をボーダーライン以上引き上げるように、元々得意の科目は本試験で大きく稼げる科目となるように、それぞれ対策することができます。

また、CPAの答練は非常に網羅的で、なおかつ本試験の問題に近似しています。答練は論文向けの勉強で、現状把握機能とシミュレーション機能が持っています。論文式試験の合否はまさに答練の質によって決めるものとも言えます。

ここで、CPAの答練は本試験の出題傾向を把握しながら出題したものだけでなく、毎回の答練は講師から講評も作られておりまして、講評から受講生の平均レベルや答練の出題意図などたくさん有用な情報を頂くことも可能です。

公認会計士を目指した理由

私は、経営学部に入り、将来の進路を考えたときに、どうすれば自分の留学背景、語学力および大学の知識を統合してシナジー効果を発揮できるかという点で悩み、答えを見つけるのに大変苦慮しました。

その時、大学一年生の簿記論の授業で(今のゼミの)先生から、「会計こそ言語の壁を超えた、ビジネスの言葉だ」という言葉を教わり、簿記に対して興味を持ち始めました。

簿記を勉強すればするほど、ビジネスの世界における会計の汎用性の高さを感じ、ついに会計の勉強に夢中になりました。

簿記一級を合格した後、将来会計の人材として働きたいという思いが強まり、簿記一級だけでは資格として物足りないと考え、公認会計士を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する