CPAは専任講師の方に詳しい話を伺うことができる、質問しやすい環境が整っています ---齋藤 純さん

CPAを選んだ理由

合格実績の高さ、また実績の成長が著しい点に惹かれてました。

実際に移籍してみて、私に何が足りないか、今後どのように学習していけば良いかを対面でもコロナ禍において通学が困難な状況下であっても電話を通じて、また、Twitter等のSNSであっても対応して下さる点が素晴らしいと思いました。

私自身、以前所属していたスクールでは直接しか質問や相談をすることができませんでした。しかし、CPAではどのような場所であっても質問できる環境を用意していただいていました。

このように、質問しやすい環境というのは私にとって一番必要であり、通学してからも、通学する前にも専任講師の方に詳しい話を伺うことができるというのはCPAにしかないメリットであったので選びました。

CPAの良かった点

通学している方にとってはいつでも使える自習室があるという点、そしていつでも質問できるという環境はいい点だと思います。お金をかけなくてもいつでも自由に使えるというのはありがたいことです。

また、いつでも質問できる環境は勉強している身としては大切だと思います。

独りでその問題について考えていても分からない場合には親身になって教えて下さるチューターもいますし、勉強の方向性が分からなくなった場合には懇切丁寧にお話を聞いて下さる講師の方がいらっしゃり、悩むより先に聞けるような環境があったことは良かったです。そうすれば、合格により近くなると思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したきっかけは二つあります。

一つ目は、高校三年生の時、部活動を引退し、何かを始めようと思っていたところ、簿記講座を知り受講したことです。

そこで勉強していくうちに簿記の面白さを実感し、簿記試験でも順調に合格することができました。

この簿記の知識を将来も活かしたいと思い調べたところ、公認会計士の職業があることを知り、目指すことを決意しました。

二つ目は、祖父が会社を経営しており幾多もの壁にぶつかり、乗り越えていく姿を傍らで見て、自分が企業のために何か役に立てること、手助けができる事をしたいと思うようになりました。

そのような時に会計のプロである公認会計士なら支えることができるとわかり、目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する