1発
合格

苦手・わからない論点や、本試験までの各科目の不安など直接相談できた点が良かったです ---井口 翔太さん

CPAを選んだ理由

友人の勧めで、簿記をはじめ、説明会を受け、そのままCPA会計学院に入会しました。

まず、最初の説明会で講師の方々に優しく接していただきました。そこで、CPA会計学院では、講師や先輩の方々に直接質問や相談をすることができると聞き、また年々増加していた公認会計士試験の合格者数を見て選びました。

他にも通っていた慶應義塾大学の近くにあり、大学の授業が終わった後、すぐ近くで授業や答練、自習ができることに魅力を感じました。

あまり、いろいろな予備校を比較して選択したわけではありませんでしたが、しっかりと授業や自習で学び、友人たちと答練などで切磋琢磨できる環境だと思えたこともCPA会計学院を選んだ理由の一つです。

CPAの良かった点

お話を伺っていた通り、CPA会計学院では、自分が苦手な論点やわからない論点、本試験までの各科目の不安など講師の方々や合格者先輩の方々に直接質問相談することができた点がとても良かったです。

ひとつひとつ悩みを解消することができ、本試験にのぞむことができました。また、本試験までは長期間ありモチベーション維持に苦労するかと思いましたが、答練で順位表が掲載されていたため、順位表に掲載されることを目標に自習を行い、答練に挑むなど、短期的にも目標設定を定め、モチベーションを損なうことが、あまりなく勉強できました。

他にも友人たちと答練の成績を競うことができたこともCPA会計学院を選んでよかった点だと思いました。

公認会計士を目指した理由

私は株式投資をはじめるにあたり企業のさまざまな情報を読もうと思いました。

しかしながら、そこで財務諸表を見て、全く読むことができず、投資に生かすことができませんでした。

そのため、大学に入学するにあたり財務諸表が読めるようにと簿記を勉強しはじめました。これが私が公認会計士を目指した最初のきっかけです。

簿記を始める前は公認会計士という職業を知らず、勉強を通して初めて知りました。

公認会計士は、投資において投資判断の多く使用される財務諸表を監査しているということを習い、公認会計士という職業に興味が湧きました。この重要な財務諸表が正しいのか誤ったことが書かれていないかを自分の目で確かめてみたいと思い、目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する