豊富な種類の教材から自分に合った教材を選び、受験戦略を立てることが出来ました ---高橋 昇汰さん

CPAを選んだ理由

他校に在籍している時から、SNS等でCPAの先生方の雰囲気が良さそうだと感じていました。

そして1回目の論文式試験に落ちた際に、SNSで落ちた人に向けたCPAの先生のメッセージを見て、とても元気が出ました。

その先生は合格発表日にも関わらず、合格者よりも先に不合格者に向けたメッセージを送っていました。

後日、CPAに面談に行ったところ、やはり励ましの言葉をたくさんかけて下さり、CPAでならもう1年頑張れると判断しました。

もちろん前に所属していた予備校から教材が変わるというデメリットもありますが、それを差し置いてもCPAに移籍することが、長期に渡る会計士受験を乗り越え、合格を勝ち取ることに繋がったと思います。

CPAの良かった点

CPAの教材には、前の予備校と違い論文受験生専用の物が用意されていました。

また、計算コンプリートトレーニング等のオプション教材もあり、とにかく豊富な種類の教材から、自分に合った教材を選ぶことが出来ます。そのため、私の場合は計算コンプリートトレーニングを会計学・租税法共に購入し、計算力を付けて計算科目で稼ぐという受験戦略を取ることができました。

また、CPAの模試は大変素晴らしいものであったと思います。

まず、難易度が本番を想定しているであろう感じで、毎回手応えのある問題ばかりでした。解説も、間違えた所や悩んだところを中心に解説されていて良かったです。また、順位表が出ることで自分の立ち位置を知ったり、モチベーションの維持ができました。

公認会計士を目指した理由

私は大学に入学した際に、将来役に立つ資格を取得しておこうと思い、経理研究所に所属して簿記の勉強を始めました。

初めは簿記の勉強が全く楽しいとは思えず、目先の楽しさを優先して、他のサークル活動に熱中していました。

しかし、大学1年生の時、経理研究所の先輩に誘われ、ある監査法人のオフィスツアーに参加しました。その際に、会計士として働いている方々に強い魅力を感じました。

なぜなら、そこにいる全員が、自分が躓いている簿記よりも遥かに難しい試験を乗り越えた上で働いていたからです。

そこで私も、会計士の先輩方のように専門的な能力を身に着け、自信を持って働きたいと思いました。以上が、私が公認会計士を目指した理由です。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する