CPAの教材は種類が豊富で、苦手な論点だけ重点的に取り組むことができました。 ---林 旅羽さん

CPAを選んだ理由

私は他校に通っていましたが論文式試験に1度不合格になった際にCPA移籍を決めました。

CPAに移籍しようと思った理由は、質問のしやすさ教材のわかりやすさです。

CPAには常にチューターと講師がいるので分からないことがあった時にすぐに質問して疑問を解消することが出来ます。

また、CPAのテキストは網羅的に理解しやすく載っているので基本的にテキストを読み込めば理解することができます。そのため、学習がスムーズに進み、無駄な時間が必要ありません。

コントレや論文対策集など問題も豊富で答練も合わせて、苦手な部分だけ重点的に取り組むことも可能になっていてとても助かりました。2度目の論文式試験だったので理解していることはやらずに苦手な科目を集中的にやって大きく成績が悪くなることが無くなったのが合格可能性をあげてくれたと思います。

CPAの良かった点

私がCPAに入って特に良かったと思う点が教材です。

他の予備校でも質問などは出来ると思いますが、教材の質は優れていると感じました。論点ごとに分かりやすく網羅的に掲載されており、重要度でも分けることができます

教材は一番、勉強する上で長く使うものなのでそこの質はとても重要だと思います。

コントレや論文対策集、答練を使うことで苦手分野だけを重点的に取り組むことができ、回転用教材を複数の中から自分に合ったものを使え、講義の種類も豊富でとても感謝しています。

また、CPAには常にチューターと講師がいるので分からないことがあった時にすぐに質問して疑問を解消することが出来ます。時には雑談など休憩をしたい時も気軽に話しかけることができる体制が整っていることもCPAの良かったと思う点です。

公認会計士を目指した理由

私は中学受験をしてから付属校上がりで推薦をもらって大学に入学したので今まで本格的に勉強に取り組んだことがありませんでした。

特にやりたいこともなかったので将来のことを考えた時にこのまま大学生活を気軽に過ごすのもいいけど何か一つ目標を見つけて成し遂げたいという気持ちがありました。

そんな時に公認会計士をめざしている友人を見て公認会計士という職業を調べていくうちに可能性に満ちていて素敵な職業だと感じました。そこから友人と一緒に公認会計士試験を目指し始めました。

最初は大したことない理由で始めましたが勉強していくうちに受かっていく先輩とお話しする機会があり、ますます魅力的な職業だと感じています。今は公認会計士を目ざして本当に良かったと感じています。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する