社会人受験生にとって、答練のオンライン提出やオンラインテキストの存在が有難かったです ---五十嵐 隼人さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、受験生のことを常に考えたサービスを提供していただけると思ったからです。

教材の質はもちろんですが、何より受講生が学習しやすいような環境を整備するための対応の早さには本当に驚きました。
これも講師の方と受験生との距離が近いCPAだからこそ為せる技だと思います。

特に社会人受験生であった私にとって、答練のオンライン提出やオンラインテキストの存在は非常にありがたかったです。どうしても気になる論点や思い出したい論点を復習するときに手元に教材がないことが多々あったので、リリースされてからずっと使用していました。また答練提出のオンライン化は、ライブでなかなか受けられない社会人受験生にとって本当に助かりました。

コロナ禍で在宅学習が必須となった中でのこの対応の早さだけでも、CPAを選んで良かったなと強く思います。

CPAの良かった点

①オンライン機能
私は社会人受験生として利用していましたが、オンラインでのテキストや答練の閲覧、答練のオンライン提出など、正直とても助かりました。
教室まで取りに行くと移動時間がどうしてもかかってしまうため、時間短縮という意味でもオンライン機能は一番利用したのではないかと思います。

②各計算科目のコンプリートトレーニング
コントレは、私の計算力を底上げしてくれた一番のお供です。これをやっていれば答練の解き直しや問題集は解かなくていいと講師の方が仰っていましたが、まさにその通りでした。闇雲に解くと量の多い問題集ですが、ポイントを整理して解くと教科書になります。理論と紐付けされていたのもすごく良かったです。

③選択型の講義
自分の理解度に合った講義を選択し学習できるのはCPAならではだと思います。私は論文生としてCPAに入学しましたが、どうしても分からないところはレギュラー講義まで戻ってピンポイントで学習することができたので、学習する側としては本当にありがたかったです。このおかげで、弱点を補強した状態で試験に望むことができました。

公認会計士を目指した理由

大学受験で浪人した際に、浪人時の先生から進学後に公認会計士を進められたのがきっかけでした。

「人より一年遅れた分、その人よりも大きな事を今後の4年で成し遂げなさい」と助言をいただいたこと、会計士としての道が、今後の自身のキャリアを大きく広げてくれると確信したこと、また人に何かを与えられる仕事がしたい自分にピッタリだと思ったこともあり、大学2年から本格的に勉強を始めました。

結局短答は3回目、論文は2回目、計3年かかってしまいましたが、今年度に合格することができました。

その難易度と試験形態の特殊性から周りに理解されづらい資格ではありますが、それでも途中で辞めずにここまでこれたのは、間違いなく家族や仲間のおかげです。これからたくさん恩返しができればと思っています。

学習で苦労した点や工夫した点

初めのうちはあくまで試験勉強として学習していたため、自身のやっていることに実感が湧かず、なかなか知識が定着しませんでした。

基準や法令の理屈や趣旨を考えなおし、何をするためにこの制度が作られたのかなど、理由(理解)を逐一大事にするようになってからは知識の定着が格段に上がりました。

また勉強したことは監査業務で必ず使うので、資格というより将来するであろう仕事の勉強と捉えるのが私にはすごくハマりました。

これから公認会計士を目指す方へ

この試験は税理士試験や他の資格試験と異なり、例え短答に受かったとしても、論文に受からないと本当に何も残らない試験です。それだけ合格までにリスクのある資格だと思います。

それでもそのリスクに見合うほどリターンのある資格だとこの試験を経て強く感じました。

単なる資格試験ではなく、自分の人生をも変えてくれる大きな試験です。文字通り人生をかけて望むことをお勧め致します。
皆様の合格を心よりお祈りしております。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する