自分に合う講師を自由に選べるので、より深く理解することができました ---小川 颯太さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は高い合格実績と充実した講義に加え、講師の方々の人柄が良く感じたからです。

私が公認会計士という資格について知ったのはCPAの説明会に参加したことがきっかけでした。
そこでは国見先生が公認会計士という資格の魅力について話されており、とても熱心かつ丁寧にお話ししてくださっていたので、
とても誠実で生徒思いな方だという印象を受けました。また、CPAに通っている先輩の話を聞く機会があったのですが、その方は講義が大変わかりやすい上に講師の方たちがとても親身になって学習相談を受けてくれるため、日々実力が伸びているのを感じると話していました。

こうして情報を集める中で、様々な面で好印象を受けたためCPAで勉強を始めることに決めました。

CPAの良かった点

私が特に良かったと感じる点は、各科目ごとに受講する講師の方を選択できるという点です。

各講師ごとに工夫して講義をしてくれるので、自分に合った講師を選択することで、各科目についてより深く理解することができたと感じております。
しかし、時には難しくなかなか理解できない論点に遭遇することもありました。ここで、普段受講している講師と別の講師の講義動画を後から見返すことにより理解できるようになったこともあるため、こういった点でも複数の講師の方が在籍しているメリットがあると感じました。

また、講師の方が質問や相談に丁寧に回答してくださったこともCPAの良かった点です。
私は監査論が苦手だったため、答練の点数がなかなか伸びないという相談をした際には、私の過去の答練の回答を確認して、答案の書き方について個々の問題ごとにアドバイスをしてくださりました。こうして学習をしていくうちに、私の中で監査論を得意科目といえるほど成績を伸ばすことができました。

公認会計士を目指した理由

私は公認会計士のキャリアの幅の広さと、その資格の取得の難しさに魅力を感じたため、公認会計士を目指すことにしました。

私が公認会計士の資格について知ったのは、大学一年生の春に大学内で実施されていたCPAの説明会に参加したことがきっかけでした。
もともと、私は大学在学中に何か他人にはないスキルを身につけたいと考えておりましたが、入学当初は将来やりたいことが定まっていない状態でした。
だからこそ、さまざまなキャリアを選択できる公認会計士は自身の状況にマッチしていると考えました。

また、取得の難易度が高い分、将来のキャリアの中で他人に対しアドバンテージを得るに申し分ないものだと判断したため、公認会計士を目指すに至りました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する