1発
合格

テキストの内容をすべて理解することができるわかりやすい講義がCPAの強みです ---森谷 圭太さん

CPAを選んだ理由

高校在学中に、ティッシュ配りを様々な予備校がしており、その中で公認会計士を目指すことにフォーカスしていたのがCPAだったので、公認会計士予備校といえばCPAという認識があり、CPAの体験授業に参加しました。

そして、体験講義を受けてみると、講義が面白く、続けられそうだと感じたため、CPAを予備校としました。

また、日吉校は高校・大学の定期券内であったため、講義をリアルタイムで受講可能であるとともに、大学のテスト期間などは授業がなく、スケジュール管理を丸投げできるところに大きなメリットを感じました。

CPAの良かった点

CPAのなかで一番良かった点は講義のわかりやすさです。講義を集中して受けることで、テキストの内容をすべて理解することができ、自習の段階で理解に時間を使う必要がないことが1番の強みだと思います。

一度聞けば、分かるように講義が設定されているだけでなく、講義だけでは培えない問題対応力や追加の理解も数多くの答練をこなすことで養われるため、自習はインプットをするだけで完結するようになっていたことが受験生として勉強のしやすさにつながっていたと思います。

また、ゆとりを持って合格をしたい人にはコントレなど追加コンテンツを用意しているため、今回のように試験日程が延期した場合などモチベーション維持をすることが困難な際に更なる高みを目指すプランがあることが私の勉強意欲にもつながったので、多くの選択肢を受験生側に提供してくれる点でCPAは優れていると思います。

公認会計士を目指した理由

私は算数や数学が得意で、将来は数字を使う仕事に就きたいと考えていました。
そして、附属高校に入学し、受験勉強に時間を取られない分、将来に役立つ知識を得たいと考え、簿記三級に挑戦しました。

しかし、学校との両立が難しく、不合格となってしまいました。その後、簿記に再挑戦しようと決心し、会計士予備校の体験授業に参加しました。

独学では、簿記は仕訳を覚えるものという印象しかありませんでした。しかし、授業を受けてみると、財務諸表を使ってその企業の特徴を説明するなど、この知識の使い方を知ることができました。

これがきっかけで、より深くこの分野を学び、知識を使いこなせるようになりたいと感じ、公認会計士を志しました。

学習で苦労した点や工夫した点

スタンディングデスクを購入し、立っても座っても学習をすることが可能となり、姿勢を変えることでリフレッシュしながら学習をすることができたのが私の工夫した点だと思います。また、姿勢によって勉強する科目を変えていました。

具体的には、座ってるときは計算科目を行い、立っているときに理論科目や講義の受講をしていました。

私の勉強で苦労した点は暗記科目の勉強をすることができなかったことです。暗記科目はやればできるようになると、アドバイスをもらってもやりたくないと思ってしまい、何度も逃げてしまいました。

そこで、私は覚えなければならないことの結論だけを覚える意識をより一層高めることで短時間の暗記時間に絞り暗記科目を乗り切りました。具体的には、〇〇は〜できる。ということを覚えるときは「できる」という部分と題目だけを見ることにしていました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士を目指す目標は人それぞれだと思います。確固たる意思を持って目指し始めた方はモチベーション維持が容易にできるのかもしれません。

ただ、そうでない方も多くいると思います。その人達は是非どうすれば楽できるか、勉強時間を減らせるかを全力で考えながら勉強して欲しいと思います。減らす努力をすることで自分に合った効率の良い学習法というのがわかってくると思います。

是非、自分に合う勉強法は何かを探すために会計士受験生活を利用するなど副次的な目標も持ちながら勉強をしていって欲しいなと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する