1発
合格

会計士に特化した予備校だからサポートも一番良いと感じCPAを選びました ---中原 早葵さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は3つあります。

1つ目は大学生の受講生が多い点です。2年半くらい勉強する中で一人でやりきる自信がなかったのでなるべく大学生の多い予備校にしようと考えていました。CPAは在学中の合格率が高いことに加えて学生の合格者数も多かったので受講生にも学生は多いと思い魅力的に感じました。

2つ目は公認会計士に特化している点です。予備校を選ぶ際にCPAにくわえて大手の2校も見ていました。CPA以外の予備校は公認会計士以外にも様々な資格を扱っていました。自分の主観ではあるのですが、公認会計士のみを扱っているCPAが一番質が高いのではないかと考えました。実際に合格率はとても高かったのでCPAに決めました。

3つ目は学校との両立ができそうだと感じた点です。CPAの校舎は大学の近くにあり、自習室もあったので学校の授業の空きコマで通うことができると思いました。また学校の定期テスト期間には答練も授業もなくなり学校に専念できる点もとても魅力的に感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は3つあります。

1つ目は受講生交流会が定期的に開催されることです。学習コースの同じ人同士の交流会や女子会が開催されて勉強仲間を増やすことができます。普段自習室に通うだけでは話す機会のなかった人とも話すことができたのでよかったです。

2つ目はチューターさんが校舎にいるのですぐに質問や相談をできることです。勉強をしているとよくわからないことがあったり忘れてしまって思い出せないことがあったりします。その時に一人で考え続けていると時間がもったいないのですがいつでもチューターさんが受付にいるのですぐに質問ができ効率よく勉強することができました。また、カリキュラムに遅れてしまったり学習方法に不安があったりしたら相談することもできるのでとてもよかったです。

3つ目は受講生を見ててくれていることです。成績が下がった時には、「最近下がっているけど大丈夫?」と声をかけてくださったり、朝早くから勉強していると「最近頑張ってるね!」と声をかけてくださったたりするので勉強のモチベーションを保つことができました。声をかけてくださったチューターさんや講師の先生ありがとうございました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は2つあります。

1つ目は大学在学中に何か将来に役立つ資格を取りたいと思ったからです。女性が働いていくうえで資格を持っていることは大きなプラスになるという話をよく聞いていました。

大学の4年間は自分の時間を多くとることができる貴重な期間なので在学中に何か資格を取ろうと思いました。大学に入学するときに公認会計士という資格を知り、2年半くらいで取ることができる価値のある資格で魅力的に感じ目指してみようと思いました。

2つ目は高校の時に簿記の授業を受けて興味を持ったからです。物を買ったりお金を払ったりという現実の取引が仕訳によって記帳されていくことにとても驚いたことを覚えています。簿記に興味が持てたので公認会計士も挑戦できると思いました。

学習で苦労した点や工夫した点

私は勉強のモチベーションを保つことにとても苦労しました。

大学の友達やサークルの友達が遊びに行っているなか、自分は勉強しなければならない時やカリキュラムが詰まっていて忙しい時には何度もモチベーションが下がりました。

その時には受講生の友達に相談したり、励ましあいながら乗り越えることができました。また、ここでやめたら今まで頑張ってきたことが無駄になると思うと乗り越えることができました。

これから公認会計士を目指す方へ

これから短答、論文にむけて勉強していく中でつらいことや悩むことがたくさんあると思います。でもそのつらさを乗り越えて合格することができたらとても達成感があります。

私自身も公認会計士になるといった大きな目標に向かって頑張り続けたこの2年半はとてもつらかったけれど自分と向き合い、友達と励ましあいとても濃いものだったと思っています。合格できた今、公認会計士を取ったことによって将来の選択肢は本当にたくさん広がっていると感じています。

公認会計士はつらさを乗り越えて目指す価値のある資格だと実感しています。これから公認会計士を目指す方は是非諦めずに頑張ってみてください!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する