1発
合格

CPAで勉強を続ければ、良い結果と共に、自分に自信が持てるようになると信じています! ---片寄 倫紀さん

CPAを選んだ理由

CPAを知ったきっかけは、CPAで勉強を始めていた友人の存在です。

その友人から、大学に在学中に公認会計士試験に合格することができると知り、その在学中の合格率が高いCPAを迷わず選びました。

大学生活を通して生涯使える力を身につけ、自らの人生に活かしたいと考えていた私は、在学中に実際に合格した先輩方が多くおり、その方々がチューターとして勤務していて、身近に相談できる環境のあるCPAはとても魅力的でした。

また、簿記の無料体験の授業が実施されており、テキストと講義の分かりやすさ、校舎の受付に向かえば常に講師やチューターがおり、質問や相談ができる環境がCPAにはあることを知り、勉強に関してあまり自信のなかった自分でも合格することができる可能性が高いと感じました。

CPAの良かった点

CPAを選んだ理由と重複しますが、自分の感じた良かった点は3つあります。

1つ目は、教材の分かりやすさ、扱いやすさです。CPAの教材は、質問をせずとも自習で全て理解できるように、図や文章で分かりやすく説明されており、重要度のランク付けに基づき、メリハリをつけて学習することができました。

2つ目は、校舎に講師もチューターも常駐していることです。勉強の質問のみならず、困ったときは相談に行くことで、意識高く勉強をすることができました。

3つ目は、勉強仲間の存在です。CPAには志が高い受講生が多く、常に切磋琢磨しながら勉強を続けることができました。CPAでは受講生同士の交流会や懇親会が多く開催されているため、モチベーションに困った方は一度足を運んでみると良いと思います。

公認会計士を目指した理由

私は高校が附属高校であったので、受験勉強にとらわれることなく、自由に高校時代を過ごしました。そのため、大学生活では何かを集中してやり遂げたいという思いがありました。

自分としては、体育会に大学4年間を捧げようと決意していたのですが、予想以上に厳しく断念せざるを得ませんでした。そこで、公認会計士試験を知り、大学在学中の時間を投じるのにふさわしい資格だと感じました。

資格を取得し、手に職をつけることができれば、先行きが不透明なこの時代をしっかりと生き抜くことができる、と感じたことが理由です。公認会計士になることができれば、将来様々なフィールドで活躍することができ、自分自身に可能性が大きく広がると思いました。

学習で苦労した点や工夫した点

公認会計士試験の範囲は膨大なので、知識を頭に定着させることに苦労しました。

知識を定着させるためには、正しい理解のもと、何度も反復して学習する必要があります。そのため、講義によって正しい理解を行い、テキストの重要性に基づき、反復する論点に強弱をつけて学習することを心掛けました。

CPAの講義、教材であれば、このような学習の工夫は容易です。

これから公認会計士を目指す方へ

私が公認会計士の勉強を始めた際には、自分に自信がありませんでした。本当に合格することができるのか、と常に不安になりました。

ですが、公認会計士試験の勉強を必死に続ければ、合格を手にすることができるだけではなく、自信を得ることができます。

難関資格と言われる試験を乗り越えた自信は、一生ものです。今では、多少の困難であれば簡単に乗り越えられると思っています。CPAで勉強を続ければ、良い結果と共に、自分に自信を持つことができるでしょう。応援しています。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する