CPAはバックアップ体制が充実しているため、必ず合格できると思い移籍しました ---水田 直道さん

CPAを選んだ理由

私が他校からCPAに移籍したのは、テキストや講義がわかりやすいこと、受講生一人一人に対するフォローの手厚さが理由でした。

以前通っていた予備校でもCPAのテキストや講義は評価が高く、成績が伸び悩んでいた私にとって、非常に魅力的に見えました。そこで、CPAについて情報を集めていると、チューターや講師が校舎に常駐していることやSNSで直接講師に質問できるなど、バックアップ体制が充実していることがわかったため、CPAなら必ず合格できると思い、移籍することを決めました。

CPAの良かった点

テキストの記載内容がわかりやすいだけでなく、重要度が細かく設定されていたおかげで、効率よく勉強することができました。

以前まではどこに特に力を入れて勉強すればいいのかわからず、全体的に浅い理解になってしまったのですが、重要度をはっきり示してくれていたため、しっかり理解しなければいけない箇所と暗記だけでなんとかなる箇所をわけて勉強できました。

また、年に何回も懇親会を開催してくれたことも、自発的に受験仲間を作れなかった私にとって、共に競い合える仲間を作るきっかけになったため助かりました。モチベーションの維持に難ありの私にとって受験仲間がいなければ合格はなかったと思います。

公認会計士を目指した理由

大学の授業で公認会計士の方が講演してくれたのが目指そうと思ったきっかけです。

その講演のなかで公認会計士になると若いうちから普通の生活を送っていたら出会うことのできない様々な人と会うことができると聞いて、多くのいろんな人に会って話してみたいと思っていた私にとってまさに天職だと思い、公認会計士になろうと思いました。

また、高い収入と社会的地位、幅広いキャリア選択なども公認会計士が魅力的に思えた理由です。これから先何が起こるかわからないため、できるだけ選択肢を広げられる就職をしたいと思っていたからです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する