CPAではWebでも校舎でも学習できるという点が、安心感があり移籍する大きな決め手となりました! ---立岡 忍夫さん

CPAを選んだ理由

私がCPAに移籍した理由は2つあります。

1つは教材を信頼することができたことです。CPAは短答対策講義や論文対策講義など、明確な目的を設定した講義が用意されていることに加え、テキストにも短答、論文別に重要性を明示してくれている点がとても魅力的でした。

私は1度目の論文式試験を受験し終えたタイミングでCPAに移籍しましたが、論文対策講義を受ければ必要な知識が身につくと思えたことや、論文式試験における重要性に基づいて学習を進められたことは移籍して良かった点だと感じています。

もう1つは移籍を検討していたタイミングでちょうど大阪梅田校ができたことです。私は以前の予備校では通学講座で受講していたので、CPAに移籍するにあたって通信講座に切り替えることに少し抵抗がありました。その点、大阪にも校舎ができていつでも通学できる環境になったことは、とても安心感があり移籍する大きな決め手となりました

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、通学講座でもいつでもwebで講義を視聴できた点です。

私は大学院へ通いながらCPAで学習をしていたため、授業との両立もあり、学習途中でCPAへの通学を続けることが困難になりました。しかしCPAではいつでもどこでもwebで講義を視聴することができたため、大学院の授業と両立して自分のペースで学習を進めることができました。

また後出し答案をいつでも採点してくれる点もとても助かりました。私は自分のペースで学習を進めていたため、答練を溜め込んでしまっていました。しかし後から提出した答案も採点してもらうことができ、成績も正確に反映してくれたため、学習計画の修正を行ううえでとても助かった点だと感じています。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由はこれからの社会で生きていく力を身に付けたいと考えたからです。

私は大学入学当初から、何か社会に直接繋がるような勉強をすることはできないものかと考えていました。

そんな時に大学の学部案内パンフレットで見つけたのが公認会計士でした。そこに掲載されていた合格者たちの希望に満ちたメッセージを見て、学生生活の目標として公認会計士を目指すことを決めました。

また会計に興味を持てたことも会計士を目指した大きなきっかけです。私は会計士の勉強を始める前段階として、簿記の学習から取り組みました。その時に、「会計は世界中の企業で用いられている。そのため英語と並んで世界の共通言語になる」と紹介されたことが強く心に残り、とても面白いと感じました。そのため公認会計士を目指すことを決めました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する