CPAは、生徒にとって必要なもの・良いものを提供し続けてくれました! ---見子 静さん

CPAを選んだ理由

生徒の方を向いている学校だと感じたから。

学校運営や講師の都合ではなく、生徒にとって必要なもの良いものを提供しようという姿勢の学校に感じた。それはテキスト改善から校舎の設備改善まで、あらゆる方面に及んでいたし、常にもっと改善できないかと考え続けている学校、講師の方々の集合だと感じた。

また講義が比較的講師の好きなように行われているように感じて、のびのびと講義されている感じがよかった。講師がストレスまみれだと、たとえ映像でも見ている側にも伝わるし、緊張感でピリピリするのでリラックスしつつ勉強内容に集中することができたし、モチベーションもあがってよかった。

CPAの良かった点

片手間ではなく、真剣に勉強生活の相談に耳を傾けてくれるところ。

講師の方それぞれの教え方を、色を消さず尊重して包括しているところ。
それによって、生徒によって相性の相違があってもそれぞれの教科に講師は複数名いるし、合う講師を見つけて信じ切って勉強することができる。

また、テキスト内容に重要性が付されているので、直前期にまだ知識が浅い分野はとにかくその重要性が高い箇所を中心になんどもまわした。

pdfでテキストが購入できるので持ち運びの重さが劇的に改善されたのが本当に助かった。”

公認会計士を目指した理由

今後の人生で攻めるために、守りを固めたかったから。

初めは、市場価格(時給など)が高めの国家資格なので取得しておきたいという守りの理由だったが、試験科目に会計だけでなく会社法や税法、経営学があるため経済界の基本を頭に入れることができ、武器にもなった。

自分は1年目に論文不合格になったあと監査法人に入所し、働きながら2回目の論文試験の勉強をすることになったが、周囲が全員会計士であることは、毎日試験に合格したいという思いを強くするのに役立ったし、特に監査論では手続きのイメージをつけることが出来た。

また、どれだけ勉強しても不合格なら、会計の勉強をしたことがあるというプロフィールでしかないけれど、会計士試験合格という壁を突破するだけで、その知識に関して相当の担保や信頼を持ってもらえることを実感し、会計士の資格を取りたい理由にもなった。

学習で苦労した点や工夫した点

試験科目が多くて広いので、リズムが作れないとあちこちの科目に目移りして上手く進まず、身についている実感も無いので継続するのが辛かった。

これから公認会計士を目指す方へ

短期決戦!過去に受験勉強などで自分の勉強リズムを確立している人以外は、学校のカリキュラムや時間割にしたがってリズム作りは丸投げした方が早い!目的は合格なので独自性は合格後の人生でだせばいい。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する