1発
合格

CPAで最高の仲間たちと出逢うことができて、合格を勝ち取りました! ---宮澤 侑佑さん

CPAを選んだ理由

日吉東急に大きく掲げられている看板を見て、慶應生で会計士を目指す人はみんなCPAに行くものだと思ったからCPAを選びました。

実際、CPAを選んで1番良かったなと思ったところは、勉強仲間ができやすい環境だったことです。CPAは慶應の内部生が多いといったイメージでしたが、近年はそうではなく、僕も外部生でしたが内部外部関係なく最高の仲間たちと出逢うことができました。かれらの存在なしでは合格は勝ち取れなかったと思います。

また、合格率が高いということも決め手になりました。

また、CPAのOBの方は多方面で活躍されている方が多く、CPA内の縦のつながりも強いと聞いていたため、将来のためのコネができるのではないかと考え、CPAを選びました。

テキストの質ももちろん高いですが、それだけではなく、合格のために1番大切なのは仲間であるということを皆さん覚えておいてください。

CPAの良かった点

まず、テキストがとてもわかりやすく、網羅性が高いです。テキストの種類も多く、コンサマ等でも勉強できます。解き終わったあとの答練もテキストのような使い方をすることができます。

また、チューターや講師の対応も良く、仲良くしてもらいました。勉強面だけでなく、精神的な支えとしてもとてもありがたかったです。

また、勉強だけでなく、いっしょに遊んでくれる友達がたくさんできました。横のつながり、縦のつながりともに、CPAは素晴らしいと思います。

実際僕が合格できた1番の理由は、最高の仲間と出会い共に頑張れたことです。彼らがいなければぼくは途中で挫折しちゃったんだろうなと思います。

果てしない努力をすれば受かる可能性は高い、しかしその努力することが難しいからこそ最難関試験と言われている所以だと思います。

公認会計士を目指した理由

大学生のうちになにか大きなことを成し遂げたいなと思い、経済学部ということもあり、公認会計士をこころざすことを決意しました。大学に入学するまで公認会計士という職業自体知らなかったのですが、梅澤先生に公認会計士の魅力を教えてもらい、公認会計士をめざすことを決めました。

今思い返せば、ほんとうに公認会計士をこころざして良かったなと思います。公認会計士のキャリアの幅は無限大ですし、資格さえあれば職を失うことはないのでチャレンジングな人生を歩むことができると思います。

後輩の皆さん、一生同じ企業で骨を埋めてもいいのですか?もっとチャレンジングなことをしたくないですか?

そんなあなたに公認会計士という資格はぴったりだと、今だから言えます。ほんとうに頑張って勉強してきてよかったです!

学習で苦労した点や工夫した点

ラグビー方式で勉強しました。

これから公認会計士を目指す方へ

努力すれば報われると思います。

 

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する