集中して勉強できる自習室と、いつでも質問ができるという環境に魅力を感じ、CPAに移籍しました! ---福山 菜津美さん

CPAを選んだ理由

学習する環境を変えたくて、他校からCPAに移籍しました。

他校では様々な資格取得のための勉強をされている方が多く、自習室が非常に混雑しており、窮屈な思いをして勉強していました。

また、自習しているときにわからない点があっても講師が常在していない予備校で、すぐに疑問を解消することができず、モヤモヤした状態で勉強を続けることが多々ありました。

その点、CPAは公認会計士試験に特化しており、他の予備校に比べ校舎の人口が少なく、また、空き教室が自習室となる他校とは異なり、自習室が独立して設置されていました。

また、講師の方以外にも会計士試験合格者であるチューターの方が常在しており、いつでも質問ができるという環境に魅力を感じCPAに移籍しました。

CPAの良かった点

私は家でなかなか集中することが出来ず、自習室を利用していたのですが、CPAの自習室は一席ずつ独立した机で両サイド仕切られており、椅子も簡易的なものでなく長時間すわっていても疲れにくかったため、集中して学習に励むことが出来ました。

自習室でweb講義を視聴することができ、苦手論点の見直しなど、自分の状況に合わせて学習することができました。

また、講師の方が待機されている場所は壁やドアなどで仕切られてなく、受付と一体となっていたためか、講師との距離が近く質問や相談をしやすい環境であった点がよかったです。

受付で模試の成績を受け取り、そのままチューターや講師の方々に相談することができ、すぐに自分の勉強する上での問題点や疑問を解消することができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、自分に自信をつけ、自分の知識や経験で社会に貢献したいと思ったからです。

学生時代は簿記検定などの資格取得に励み、就職しましたが、実際働いてみて資格を活かすことが出来ず、誰でもこなせる様な仕事に物足りなさを感じていました。また、今まで難しいことに挑戦しやり遂げたことがなく、なんとなく自分に自信を持てないでいました。

そんな時に公認会計士の方とお話しする機会があり、仕事の多様性に魅力を感じました。社会に貢献している会社をよりよく是正し、守ることで私自身も社会に貢献できると考えました。

また、最難関試験突破という自信をつけ、得意だった簿記も活かすことが出来ると考え公認会計士を志しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する