1発
合格

勉強は長丁場になるからこそ、講師が常に寄り添ってくださるCPAに決めました! ---藤澤 孝行さん

CPAを選んだ理由

公認会計士という資格に興味を持った時に、大学の生協で各予備校のプレゼンテーションを聞き、個人的に一番良いなと感じたのが東京CPA会計学院でした。

東京CPA会計学院を良いと感じた理由は2つあり、1つ目は圧倒的な合格率の高さです。僕の在籍している大学では、在学中合格の割合が50%を大きく越えていて、それがとても魅力的に感じました。

2つ目は、講師が校舎に必ず常駐している点です。会計士試験は難関資格なので、勉強は長丁場になると思っていました。そのため、講師が常に寄り添ってくださる東京CPA会計学院の環境で勉強したいと感じました。

以上の理由から、私はTACの公認会計士講座でもなく、資格の大原の公認会計士講座でもなく、東京CPA会計学院の公認会計士講座を選択しました。

CPAの良かった点

・常にカリキュラムと並行して答案練習が進んでいた点。
・答案練習さえ解いておけば結果がついてきた点。
・周り人達のレベルが高かったので、勉強の大きなモチベーションになった点。
・周りの人達のレベルが高かったので、受講生同士で質問をしあえた点。
・大学から校舎が近かった点。
・大学の講義に合わせて東京CPA会計学院のカリキュラムも進んでおり、大学生活との両立が出来た点。
・受講生の先輩とも仲良くなれるので、大学の試験情報を共有できた点。
・講師の皆さんがとても優しい点。
・代表の国見講師のカリスマ性がすごい点。
・校舎が駅から近い点。
・トイレの清潔感がある点。
・自習スペースが多くあり、自分の好きな環境で勉強できる点。
・友達がたくさん出来た点。
・勉強に疲れたとき、受講生とリフレッシュできた点。
・講師が常に校舎に常駐している点。
・チューターの人数がとても多かったので、先輩とも仲良くなれた点。
・CPA会計学院から合格者が多数輩出されているため、就活の時も情報収集に役立った点。
・CPA会計学院日吉校舎で彼女ができた点。

公認会計士を目指した理由

僕は高校まで野球をやっており、大学でも体育会に入って野球を続けるつもりでしたが、怪我の影響で野球の道を諦めました。

大学生活を充実させるためにも、野球の代わりに自分が新たに本気で向かい合えることを探した結果、資格勉強をしようと思い立ちました。なぜ、会計士試験の受験を決めたかというと、高校の時に財務諸表分析を行う授業を受けており、会計士の仕事に個人的に興味があったので、会計士試験の勉強を始めました。

・会計士がかっこいいと思ったから。
・困難に挑戦してみたかったから。
・資格があれば、就活に有利そうだったから。
・数字が好きだったから。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する