CPAでは全ての論点に重要度がランク付けされているので、学習時間を一気に短縮でき、大変助かりました! ---平井 優祐さん

CPAを選んだ理由

公認会計士試験の受験を決意した頃、周りに受験生や合格者の知り合いが一人もいなかったので、主にTwitter等で情報収集をしていました。

その際、どうやら『コントレ』という問題集が受験生の間で人気であることを知りました。気になって『コントレ』について調べているうちに自然とCPAの存在を知るに至りました。

そのような中で、CPAは問題集やテキストの質もよく、講義も大変わかりやすいと評判でしたので、詳しく話を伺いたいと思い、早速電話で受講相談をしました。

すると、右も左もわからなかった私に対し、スタッフの方が受講すべきコースを非常に親切に説明をしてくださったので、「ここで頑張ってみようかな」という気持ちになりました。

オススメされた論文マスターコース一本で初学者向けのレギュラー講義も聴ける上、その価格も他社に比べて随分と安かったことや、実際に『コントレ』を使ってみたかったことなどからCPAを選びました。

CPAの良かった点

レギュラー講義のテキストはその内容自体がすばらしいのはもちろん、全ての論点に重要度がランク付けされているので、学習時間を一気に短縮でき、大変助かりました。

問題集はコントレを使用したのですが、「この問題集だけで本試験は大丈夫。」と思えるほど心強かったです。実際の本試験の際も、どれもコントレで見たことのあるような問題ばかりでした。講義内容も素晴らしかったです。

どの講師の方も実践的かつわかりやすい説明をして下さるので初学者でも十分ついていくことができました

さらに、国見先生が講義中に仰る「学習の優先度」等の日々の学習方法に関するアドバイスは、いずれも実践的かつ効果的で、それらを素直に取り入れることで学習効率を高められたのだと思います。

公認会計士を目指した理由

2年前に司法試験に合格し、昨年まで司法修習生として裁判実務を学んでいました。

その際、会計・税務に関する問題に出くわすことが少なくなかったので、一度、会計・税務のことを体系的に学びたいと思っていました。

そして、どうせ学習を始めるのであれば、資格試験という目に見える目標があったほうがモチベーションを維持しやすいこと、公認会計士の資格を取得することで自分自身の希少性を高めたいと思ったこと、会計士業界に身を置くことで自分自身の視野を広げたいと思ったことなどから、公認会計士を目指しました。

これから公認会計士を目指す方へ

CPAは講義の質はもちろん、テキスト・問題集の質も素晴らしいです。理論・計算共にAB論点を中心に押さえておけば十分合格ラインに到達できると思います。

さらに、CPAの講師の方々は、講義やTwitterを通じて、日々の学習方法や本番でのテクニック等についても発信してくださるので、それらの方法を素直に実践することで、学習効率や得点を稼ぐテクニックについても飛躍的に高められると思います。

最後に、人数自体は少ないでしょうが、今後は、公認会計士試験に挑戦する司法試験合格者の方も増えていくと思っています。そのような方には、受験生の対策が手薄になりがちな租税法と企業法で点数を稼ぐ戦略が一番良いと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する