1発
合格

CPAだからこそ、サークルやバイトと両立しながらも合格することができました! ---増田 湧輝さん

CPAを選んだ理由

僕がCPAを選んだ理由は高校在学中にCPAの方が配ってくださっていたチョコボール入りのパンフレットを貰って読んだことで、会計士という職業に魅力を感じたからです。

そこにCPAを選択すればサークルやバイトとの両立がしやすいという点や、大学のテスト期間に答練や授業を実施しないため、また最短の2年で合格すれば学校の授業とも上手くバランスを取って会計士を目指せるという点、質問対応が手厚くテキストの質も高い点等が書かれており、この予備校なら合格できるかもと思いました。

その後CPAが会計士試験において高い合格率を叩き出していることをポスターを見て知り、規模はまだ小さいですがこの予備校を信じてみようと思い入学を決意しました

CPAの良かった点

CPAの良かった点は何と言っても教材の質の高さです。CPAの教材は論点ごとにA~Dといった重要性が記載されているため、自分のレベルに合わせたメリハリのある勉強をすることができました。

また教材の種類としてテキストの他に短答対策問題集、論文対策集等があったため、2つの試験のいずれにおいてもその試験で求められる能力を容易に身につけることが可能でした。

他の良かった点としては奨学金制度があったことです。僕は入学前に経済的な理由から入学金を用意できず、会計士を目指せないのではないかという状況に陥りました。しかしこの制度があったおかげで僕も皆さんと同じようにこの最高の予備校で勉強をすることができ、無事に試験にも合格することができました。CPAにはとても感謝しています。僕と同じような境遇にある未来の学生のためにもこの制度は継続していっていただきたいと願っています。

公認会計士を目指した理由

上述した通り高校時代に手に取ったCPAのパンフレットを見て、公認会計士は高収入でなおかつ安定性もある素晴らしい職業だなと思い、憧れを抱くようになりました。

また4年間ある大学生活で何か1つ大きなことを成し遂げたいと思っていたので、会計士を目指すことはそれに当てはまるとも思っていました。

しかし一方で貴重な大学生活を2年間資格の勉強に費やすということは、犠牲もそれなりに大きいと考え少し躊躇していたのも事実です。

そこでCPAに受講相談に行ったところ、得られる資格は一生残るものであるということ、また最短の2年で合格すれば、その後の1年以上ある大学生活は就活の心配もせず自由に使えるという事実を伝えられ、そこに大きな魅力を感じました。そこで僕は会計士受験生としての一歩を踏み出すことを決意しました。

学習で苦労した点や工夫した点

苦労したのは知識の定着です。テキストの内容も1度覚えただけでは長期記憶にならず、すぐに忘れてしまいます。

そのため何度も反復することが重要なのですが、この試験はとにかく必要な知識の量が多いため定着して完璧に自分のものにするまでに苦労をしました。

これから公認会計士を目指す方へ

会計士を目指すということは大きな決断です。

例外を除けば最低でも2年の月日を要し、金銭面の負担も決して小さいものではありません。

しかし僕が会計士を目指すと決意して2年の歳月が経った今、あの時大きな決断をして本当に良かったなと思っています。なぜなら辛かったことも多かった分、合格して金融庁に自分の名前が出たときにとても大きな達成感を感じたからです。

さらに受験生時代に得られた仲間や経験は一生ものになると考えていることも理由の1つにあります。CPAを信じて地道に目の前のことをこなして行けば、高確率で2年で合格できます。そして自分自身に対して行うこの2年間の投資はかけがえのない財産になります。これから会計士を目指す皆さん、ぜひ自分の決断に自信を持って、合格を掴み取ってください。心から応援しています。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する