1発
合格

大学入学時に周りとのスキルの差を大きく感じ、公認会計士を目指しました! ---藤田 啓吾さん

CPAを選んだ理由

大学入学当初、何か資格を取得したいと考えていた僕は最寄駅でのティッシュ配りで初めてCPAを知りました。

その後友人が既にCPAに入っていることを知り、説明を聞きに行きました。 登川先生の話に心を動かされた僕は、そのまま簿記の無料体験講座を受けました。高校の授業ではほぼ全てを寝て過ごしていたのですが、その授業はとてもわかりやすく、最後までしっかりと受講することができ、この人の授業を受ければしっかりと学習できそうだと感じました。

高校時代の先輩もCPAに在籍しており、CPAが良いと勧められたのもあり、CPAなら続けられる!と思い入会しました。

CPAの良かった点

まず僕が個人的に一番良かったなと感じているのは、講義のわかりやすさです。

最初の簿記の講義から丁寧かつわかりやすく教えていただいたおかげで、僕は最初から最後まで簿記に苦手意識を持つことなく合格することができました。その他の科目もとてもわかりやすく、比較的短時間で理解することができたと思います。

もう一つ良かったと感じていることは、答練です。

僕は基本的にだらけてしまうことが多いのですが、答練を適切な頻度で行っていただいていたおかげで、自分の学習ペースをしっかりと保つことができ、順位表に名前を載せるぞ!といったモチベーションを保つこともできました。 わかりやすい講義と適切な答練がCPAに入って良かったと思う点です。

公認会計士を目指した理由

僕は高校3年間遊んで過ごしていたため、大学入学時に周りとのスキルの差を大きく感じていました。

このままでは就職活動で戦っても勝てない!と感じ、何か自分の強みを身につけよう!と考えたのがきっかけです。強みを身につけるために、ネットで色々な資格を調べていく中で、会計士を見つけました。

小さい頃から数字が好きだった僕にとって、簿記という数字を使った勉強から始める公認会計士試験は自分にとって一番向いているのではないかと思い会計士についての興味が強まりました。

その後会計士について調べてみたところ、繁忙期は忙しいがそれ以外の時期には比較的休みも取れるし、初任給も高く、安定した生活を営むことができる資格だと感じるようになりました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士の勉強は長くて大変だと思いますが、CPAのカリキュラムに遅れずに勉強すれば必ず受かる資格だと思います!

CPAは講師、チューターの方々によるサポート体制がとてもしっかりしているため、間違った学習方法でだらだらやってしまうという心配もなくなると思います。 是非頑張ってください!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する