質の高い講義と教材がCPAの強みです! ---二村 圭祐さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ最大の理由は合格率の高さです。

公認会計士を目指す以上、多くの時間や労力を犠牲にするため、最適な勉強方法で確実に合格したいと考えていました。その点で、合格率の高さは良質な教材や講義の存在の大きな裏付けとなりました。

実際通ってみて、教材や講義のレベルは高いと感じましたし、ガイダンス等で適宜勉強方針の修正を行えるため、最短距離で合格出来るツールが揃っていると思います。

また、理解を重視する勉強方法を取っていたことも一つの理由になりました。理解の伴った学習をすることで効率が上がり、単純暗記よりも公認会計士試験合格に近付きます。

さらに、将来的に仕事に着いた時に深い理解がある状態で業務を行うことができ、より良い成果を生み出すことができると思います。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は効率的な学習ができることです。

例えば、全てのテキストには論点ごとに重要度が付いているため、試験に向けて出題しやすい論点を中心に学習ができます。さらに、この重要度は答練や模試でも統一的に使われているため、分かりやすいです。

他には、Webで講義を受けることで講義の速さを変えることができる点も挙げられます。私は高校生の時から会計士試験に向けて勉強をしていたのですが、高校生は大学生に比べて自由な時間が少ないため、講義を2倍速で聞くことにより、自習の時間を増やすことが出来ました。

この時間が少ない中で合格を目指すということは、働きながら資格取得を目指す社会人の方にも共通していると思います。そのため、CPAは高校生の方や社会人の方にもおすすめ出来ます。

公認会計士を目指した理由

私が高校生の時、日吉キャンパスの前で配っていたティッシュを受け取った事が公認会計士を目指したきっかけでした。

塾高に通っていた私は時間を持て余していました。さらに、地元の友達が大学受験に向けて勉強をはじめていくのを見て、何もしていない自分に危機感のようなものを覚えました。そんな中で、ティッシュの裏に入っているCPAの広告を見て、公認会計士を目指すことに決めました。

勉強していく中で、公認会計士を取得することで、通常では得られない様々な経験を積めることが分かり、モチベーションも高まっていきました。実際、合格した今振り返ると、会計士の勉強をしてきて良かったと思います。

中学生の頃は高校1年生から公認会計士の勉強を始めるなんて想像もつきませんでした。しかし、今私はその選択が正解だったと確信しています。そのため、私の合格をきっかけに、進学校に入って大学受験をするということだけでなく、附属校に入って資格の勉強をするという道も選択肢の一つとして考えてくれたら嬉しいです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する